Header
2018-01-07
2020-07-03

未経験からエンジニアに転職した人間が解説|独学プログラミングで挫折しないよう心がける事

357

記事を書いてる人

法人営業8年→28歳から人脈なし・非大卒・未経験からエンジニア(約2年半)→個人事業主のエンジニア(約10ヶ月)→法人化した人

エンジニア歴は約3年半

上記プロフィールの通り私は独学でシステムエンジニアにキャリアチェンジし、今は法人化して引き続きエンジニアとしての開発業務を行っています。

エンジニアを目指している方は非常に増加していますが、一方で3ヶ月で8割程度が挫折すると言われていますし、私もそう感じでいます。

このことから今回、私の経験から今回プログラミングの独学で挫折しないよう心がけていた事を記載します。

前提として私は独学プログラミングに関して重要な事は

エラーで落ち込まず、1日1分でもプログラミングを続けていくことが必要であると考えています。

プログラミングに関わらず、外国語学習や資格取得の勉強でもそうですが、何かのスキルを習得するには時間をかけるしかありません。

幸いなことにプログラミングに関しては、年齢や学歴、場所には一切囚われず学習が可能です

以下から詳細を記載しますが、ご覧になっている方に少しでも役立てば幸いです。

目次


エラーは稀な現象ではなく、普通の現象だと考える

基本的にプログラミングの挫折は、2つ原因があり1つは同じエラーメッセージがひたすら発生しエラーが解決できないと挫折する事にあります。

特に良くわからないエラーメッセージがひたすら出続け何も解決せずプログラミング学習が進捗せず停滞しているように感じます。

しかし、エラーメッセージを解決できないからといって、それは貴方の特性がないというわけではなく、単純に費やしている時間が少ないだけです。

コンピューターは基本的に空気を読んでくれないので、人間が指示を細かくプログラムしないと動作しません

そのためエラーメッセージが大量に出る現象は普通のことだと認識し、できるだけ落ち込まないように努めましょう。

システムエンジニアの仕事はバグの調査や改修で 10時間ひたすら同じエラーメッセージと戦い、原因を調査するなどはざらにあります。

つまり現役のシステムエンジニアでもエラーと戦うので、エラーは普通の事です。

1日費やしたエラーが全く解決せず、翌日の朝にPCに向かってみると一瞬で解決する事もあります。

人間の脳は面白いもので、本気で長時間考えると翌日以降にちゃんと情報が整理され驚くほどクリアに情報を処理する事ができます。

独学の場合はエラーが発生しても、落ち込まずに

まずは1つのエラーに

合計8時間以上

1日8時間以上取れない場合は、1日1時間しっかり考えて対応していきましょう。

エラーばかりでも、調査して解決していく事ができれば、8割は独学プログラミングが成功します。

逆にこのエラーに向き合うことができず殆どの人間は脱落していきます。これは仮にプログラミングスクールに通学している方でも同様です。

繰り返しになりますが、エラー解決に特効薬はありません。落ち込んでも慣れるしかないです。

プログラミング独学当初からの環境構築は避ける

プログラミングの挫折の主な原因の2つ目は、初回の環境構築で発生します。

サーバサイドの場合は利用するプログラミング言語の環境とそのフレームワークやフロントエンドでSassやPugを利用する際は、PCへ上記を実行する環境を構築する必要があります。

しかし、意気込んでこの環境構築を行おうとするとかなりの確率で挫折します。

環境構築は避けては通れませんが、初回から行うことはお勧めしません

理由としては、環境構築を行おうとする際に、参考にするサイトや動画書籍と

利用PCのバージョンやリナックスのバージョン、Macの場合はHomebrew Windowsの場合は UbuntuやCentOsのバージョンなどによって完全に同じ動作がされません。

また環境構築は上記のようにLinuxOSやPCのバージョンやプログラミング言語自体のバージョンが複雑に関係していきます。

初回で行おうとすると大量のエラーメッセージで気が滅入り、準備段階で大きく挫折します。

エンジニア就職や様々な理由でWebサービスを創りたい理由はわかりますが、まずはプログラミング言語やサーバサイドを環境構築せずに1ヶ月程度かけて勉強してみてください

繰り返しですがプログラミング勉強はプログラミングスクールに通わずとも 場所に関係なく勉強できます。

以下のサイトでしたらWeb上でプログラミングを体験できるので まずは手を動かして勉強してみてください。

1:プロゲート

2:ドットインストール

3:Paizaラーニング

※プロゲートは一部有料コンテンツあり。

エラーメッセージはググる

初心者が経験するエラーメッセージは99%はWebに情報があります。

その為グーグルで検索する術を学んで行きましょう。

ただ、エラーメッセージをググっても適切な情報が出ない場合があり、 現象をできるだけ細分化していきます。

細分化の手順としては

1:まずはエラーメッセージを日本語訳にする

2:何のエラーかのあたりをつける

3:ある程度あたりをつけてググるです

詳細を解説します。

プログラミングのエラーメッセージは様々ですが、 例えばサーバサイドの切り分けとして、

Linuxで発生しているのか

IDEで発生しているか

PHP Java Rubyなどのサーバサイド言語で発生しているか、

あるいはプログラミング言語ではなく、フレームワークが原因で発生しているか

それともWindowsやMacなどのPCで発生しているかなど

などを切り分ける必要があります。

まずはエラーメッセージを日本語訳してみると、ある程度上記の切り分けが付きますし、 切り分けがつかない場合は

Linux エラーメッセージ

PHP(利用プログラミング言語) エラーメッセージなど

で検索していきましょう。

これで解決しない場合は、Terateilなどの質問サイトに投稿してみてください。

ただ、質問サイトに登録する際は 何をしようとして、何が原因で、エラーメッセージを適切に伝える必要があり初回は難易度が高く感じます。

詳細は【初心者・独学者向け】プログラミングに困ったらテラテイルで質問してみよう を御覧ください。

毎日1分でもプログラミングする

ピアノの練習と同じで、1日プログラミングをしなかった場合は 知識の後退が進みます。

その為社会人でどんなに忙しくても、1日1分でも書籍や無料サイト アプリなどを通して プログラミングに時間を費やしましょう

プログラミングは幸いなことに無料でも高品質な情報が溢れておりますし、場所も関係ありません。

移動時間や昼食中でもいいんのでプログラミングに関わることに時間を使いましょう

例えば、以下のpaizaやプロゲートなどはオンラインエディタを利用できるので、PCに何らインストールすることなく、PCとネット環境に接続可能なPC があればサーバサイドの様々なプログラミング言語を操作する事ができます。

1:プロゲート

2:ドットインストール

3:Paizaラーニング

また、フロントエンドのHTMLやCSSなどは自分のPCにメモ帳が入っていれば操作できます。

上記から1日どんなに忙しくても1分でもプログラミングに関わる勉強をしましょう。

作りたいものがあっても後回しで、まずは完成何か一通り完成させる

頭の中にあるサービスを1から作って起業したい!!という方は多いと思います。

しかし、これも頭の中にある案と機能を整理し、必要なコーディングを洗い出していかなければなりません。

その為初回からそのサービスを創ろうとしても、完成する可能性が低くなります。

エンジニアとしてのキャリアのスタートの為に、自身のサービスを作成するなら

サーバサイドの場合、既存に情報が溢れているメモ帳アプリや掲示板機能 スマホの場合はおみくじなど、簡単なWebサービスを作成していきます。

簡単なWebサービス(サーバサイドの場合)でも

1:Linux

2:Html Css

3:サーバサイドプログラミング言語(JavaやPython・PHP ・Rubyなど)

4:プログラミング言語のフレームワーク

5:Mysql Postgres Sqlの知識

6:GitHubの知識

などWebサービスに欠かせない様々な知識が必要になります。

この知識はそのまま自身のアプリケーション作成にスライドできますのでまずは何かしら簡単なものを作成する事をお勧めします。

創りたいものがわかない方はドットインストール(一部有料)やUdemy(有料動画コンテンツ)などを利用することをお勧めします。

ドットインストールは一部有料ですが、1講座3分なので、割とサクサク進めます。

Udemyについては初回の場合1講座3千円以内で利用でき、動画の為動作が非常に判り易いです。私も未経験のプログラミング言語などはUdemyの動画を購入しています。

その他書籍などを利用することもよいでしょう。 プログラミングスクールなどいきなり大金を出して学ばずまずは、ローコストでプログラミング学習を続けていけるかを試していきましょう。

プログラミングは学歴も場所も年齢も全く関係なく、学習可能です。

私の知人は1年間独学でプログラミングを勉強し、40歳でエンジニアのキャリアをスタートさせています。 是非落ち込まず頑張ってください。

関連記事

独学プログラミングの勉強手順|未経験からエンジニアになった人間が解説

未経験からエンジニアになった人間が考える、今からエンジニアに就職する方法

フリーランスエンジニアと契約・報酬形態について

SEO対策の前に学ぼう!検索エンジンの歴史

エックスサーバーへWordPress(ワードプレス)の簡単インストールを行う

フリーランスになってクレカの申請は通った。ただしあれは拒否された

あなたにお勧めの記事
前の記事
次の記事