Header
2018-09-17
2019-10-21

Linux 環境でWrite failed: Broken pipe が発生した時の対処法

Glass 20180917

Write failed: Broken pipeとは

sshでリモートサーバへログインしようとしている時にタイムアウトなどで発生するエラーとなります。

サーバ側での対処法

sshd_configにタイムアウトした場合の応答時間と回数を記載します。

$ vim /etc/ssh/sshd_config

ClientAliveInterval 45
ClientAliveCountMax 10

上記例では45秒毎にクライアントへ10回応答確認を行い、それでも応答がない場合は、タイムアウトします。

クライアント側で対処する場合

クライアントで対処する場合は

/etc/ssh/ssh_configか~/.ssh/configへ以下内容を記載します。

$ vim /etc/ssh/ssh_config

ServerAliveInterval 35
ServerAliveCountMax 5

こちらも35秒毎にサーバーへ5回応答確認を行い、確認が取れない場合はタイムアウトとなります。

以上

その他関連記事

Linux環境でよく使用するコマンド一覧

本番環境でrocket-loader.jsが読み込まれずJavaScriptが機能しない

Nginxで特定のIPアドレスからの接続を拒否する

Yumコマンドがロックされた場合の対処方法|ロックファイル /var/run/yum.pid が存在します

Nginxでgzip圧縮を設定する

Nginxでトレイリングスラッシュ (trailing slash)をリダイレクトする

無料で使えるCDN Cloudflare(クラウドフレア)の登録方法を解説

20代でのエンジニア転職ならサポーターズキャリアが一番だと思う

未経験からエンジニアへ転職した人間が考える今からエンジニアに就職する方法

前の記事
次の記事
人気記事
カテゴリーから記事を探す