2 flat logo on transparent 256
2018-09-20

現役デザイナーが教える! デザインを勉強する上で参考になりそうなサイトとその理由

Design20180920

Webに限らずデザインを検討する際に、Pinterset・他デザインのまとめサイトでインスピレーションを得ている人が多いと思います。

しかし、まとめサイトはかなりの数・種類があり、どれを参考にしようか迷ったり、もっと高いクオリティーを求めている人もいると思います。そんな方達に、おすすめするサイトを3つ紹介します。


▽おすすめサイト01:Dribbble(ドリブル)

Dribbble(ドリブル)を勧める理由

・ だれでも作品を投稿・掲載できるわけではない

・ 作品の投稿者が招待された方のみのため、ハイクオリティー

・作品を投稿したい場合には、作品投稿の権利保持者からの招待状が必要

・デザイナーにとって、ここに掲載できる権利があるのは、ある種のステータス

・世界中のハイクオリティーなデザイナーの作品をこのサイトで一括で見れる

・検索キーワードで絞り込み可能(英語のみ)

Dribbble(ドリブル)のICON 検索結果

画面遷移などのアニメーションの表示もあります!

▽おすすめサイト02:Behance(べハンス)

Behance(べハンス)を勧める理由

・ クリエイティブ制作ツールで圧倒的な世界的シェアを持つ、Adobeが運営

・ グラフィック・映像・ウェブ・UIなどのクリエイターはほぼAdobe製品を使っているため、作品数が豊富

・Dribbble に続く、ハイクオリティーポートフォリオサイト

・ 作品説明が記載されている場合もある

・ 日本人クリエイターの掲載も見かける。Behance に掲載するモチベーションがあるため、ハイクオリティーなものが期待できる

・ やはりキーワードで絞り込みができ、また地域やクリエイティブ分野の絞り込みも可能

キーワード検索ページ

キーワード「UI」での検索結果ページ

分野「webデザイン」・「最も新しい」・「Japan」での絞り込み検索結果

▽おすすめサイト03:Responsive Web Design JP | 日本国内の秀逸なレスポンシブWebデザインを集めたギャラリーサイト

Responsive Web Design JP | 日本国内の秀逸なレスポンシブWebデザインを集めたギャラリーサイトを勧める理由

・ やはり日本サイトのハイクオリティーポートフォリオサイトを希望の方は、これがおすすめ

・ 個人で運営されているようだが、一定のクオリティーを満たしているサイトのみ掲載しているようだ(掲載基準は不明)

・ またレスポンシブデザインを採用しているサイトのみなので、時代性にもマッチ

・ 海外のデザインに比べ、あまり大胆なデザインは多くない印象だが、それでもやはり参考にしたいデザイン・ロジックが豊富


上記3つのサイトを業務前や休憩時間などに、1つを5分ほどづつ毎日見ているだけでも、デザインアイデア・インスピレーションが溜まっていき、デザイン制作で行き詰まった際に、なんらかの助けになると思います。

デザインアイデアやひらめき・インスピレーションは、日々のインプットの積み重ね!

1日5分 X 3種をやっていれば、年間でかなりの数のアイデア・インスピレーションソースをストックできると思います。

(15分*平日240日=3,600分)

優れたインプットなしに優れたアウトプットなし。日々の蓄積。継続は時間に比例して、その人の強み味になります。 ぜひ参考にして見てください。

その他関連記事

htmlの要素をFlexBoxで簡単に横並びにする|サンプル付き

Bootstrapで画像スライダーを実現する|コピペで動くサンプル付き

サイトへ簡単にアイコンを無料設定できる|Font Awesomeの使い方|サンプルコード付き

Vue.jsとAnimate.cssで手軽にアニメーションを実現する|コピペで動くサンプル付き

前の記事
次の記事