Header
2018-01-09
2020-05-23

Rubyの資格試験|Ruby技術者認定試験 (Silver version 2.1)の解説と対策概要

693

プログラミング言語の1つRubyの民間資格 Ruby技術者認定試験 (Silver version 2.1)に受験し合格したので、試験概要と対策を記載します。

関連記事

未経験からエンジニアに転職した人間が解説|独学プログラミングで挫折しないよう心がける事

独学プログラミングの勉強手順|未経験からエンジニアに転職した人間が解説

未経験からエンジニアに転職した人間が考える、今からエンジニアに就職する方法

※Rubyのみであり、Ruby on Railsの試験ではありません

Ruby技術者認定試験 とは何か

Ruby技術者認定試験は、Rubyの非営利団体Ruby Associationが策定している試験で、Silver version   Gold versionの2種類があります。

試験はいつでも受験でき受験は会場のパソコンから選択形式の問題をクリックしていき、リアルタイムで合否が分かります。

プログラミング未経験者が受験するというよりは どちらかというと別のプログラミング言語を経験している方や Rubyをより深く勉強したい方、Rubyを触り始めて勉強の指針が欲しい方などが対象になると思います。

※3つ目のProgrammer Platinumも策定中らしいですが  2020年6月時点ではまだリリースされていません。

Silverの試験対策概要

Silverは基本的なリテラルや文法などが試験範囲になっており

試験対策は公式テキストと無料の模擬試験サイトの内容で問題ありません。

テキストは全て熟読すると時間がかかるので、まず公式模擬試験とテキスト内の模擬試験を解き、不明点は公式テキストで確認するような流れで問題ありません。

だいたい各模擬問題で90%の点数が取れれば、試験は問題ないと思います。

公式テキストは各内容の解説と模擬試験が記載されています。

ただ、レビューの通り誤植が多いので、購入後はまず改定表を確認する事が必要です。レビュー評価は低いですがこのテキストの模擬試験と似た試験問題も出てきたので、購入をオススメします。

※試験問題ですので、最新のテキストである必要があります。

公式模擬試験のgit

RubyExamination(REx)

※上記はgitアカウントが必要です。

以上

試験問題ですので、傾向が変わる可能性がありますがSilverでは模擬試験の内容を中心に勉強すれば合格できました。

当サイトでも練習問題を公開しています。

関連問題

Rubyの練習問題:配列編|初心者・独学者向け入門コンテンツ

Rubyの練習問題:文字列編|初心者・独学者向け入門コンテンツ

Rubyの練習問題:ハッシュ編|初心者・独学者向け入門コンテンツ

Rubyの練習問題:繰り返し処理編|初心者・独学者向け入門コンテンツ

Rubyの練習問題:条件分岐編|初心者・独学者向け入門コンテンツ

※すべての設問がRuby技術者認定試験に対応しているわけではありません。

その他関連記事

paiza(パイザ)Cランク練習問題|5以上の整数の合計のRubyサンプルコードと解説

paizaのスキルチェックの難易度|各ランクの特徴・ランクアップのコツを現役エンジニアが解説

初心者・独学者向け|Rubyの配列処理の入門とよく使うメソッド

初心者・独学者向け|Rubyのハッシュ入門とよく使うメソッド

初心者・独学者向け|RubyのStringクラスとよく使うメソッド

Ruby技術者認定試験 (Silver version 2.1)対策 | !が付かない破壊的メソッド

初心者・独学者向け|Rubyのinitializeメソッドとは

Rubyの繰り返し処理の解説|初心者・独学者向け

【初心者・独学者向け】プログラミングに困ったらテラテイルで質問してみよう

あなたにお勧めの記事
前の記事
次の記事