2 flat logo on transparent 256
2019-01-20

Ubuntu16 VM Virtual BoxへRuby on Railsをインストールする

P 201920

Windows環境などでは、WindowsへRuby On Railsを直接インストールするとかなり面倒なので、仮想環境を建てて、その中にRailsをインストールすることが多いです。

今回は以下環境で Ruby on Railsをインストールする方法を記載します

なおUbuntu16 の構築が必要なので、未対応の方はUbuntu16 VM Virtual BoxへRuby on Railsをインストールする

をご覧ください

Ubuntu16へRuby on Railsをインストールする

開発環境

LinuxUbunt 16

ruby 2.4.5

Rails 5系

Ubuntuのパッケージを更新する

以下コマンドでUbuntuのパッケージを更新します

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get -y install git curl g++ make
$ sudo apt-get -y install zlib1g-dev libssl-dev libreadline-dev
$ sudo apt-get -y install libyaml-dev libxml2-dev libxslt-dev
$ sudo apt-get -y install sqlite3 libsqlite3-dev nodejs

rbenvをインストールする

Rubyのバージョン管理をするrbenvをGit経由でインストールして、 pathを通します。

$ cd
$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git .rbenv
$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bashrc
$ exec $SHELL

インストールしてPathが通ったかを rbenv -vコマンドで確認

$ rbenv -v
 rbenv 1.1.1-39-g59785f6

バージョンが返ってきたら、インストールできています。

いかコマンドでruby-build をインストールします

$ mkdir -p ~/.rbenv/plugins
$ cd ~/.rbenv/plugins
$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git

ruby-build をインストールするとrbenv install コマンドを利用することができるようになるので、rbenv install コマンドでRubyをインストールします。

今回は2.4.5をインストールします。

$ rbenv install 2.4.5
Downloading ruby-2.4.5.tar.bz2...
-> https://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/2.4/ruby-2.4.5.tar.bz2

※結構時間がかかる場合があります。

インストールできたらデフォルトのバージョンとして2.4.5を指定します。

$ rbenv global 2.4.5
$ ruby -v
ruby 2.4.5p335 (2018-10-18 revision 65137) [x86_64-linux]

Mysqlをダウンロードする

$ sudo apt-get install mysql-server

[sudo] ○○ のパスワード: 
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています                
状態情報を読み取っています... 完了
以下の追加パッケージがインストールされます:
  libaio1 libevent-core-2.0-5 libhtml-template-perl mysql-client-5.7
  mysql-client-core-5.7 mysql-common mysql-server-5.7 mysql-server-core-5.7
提案パッケージ:

$mysql -uroot

mysql -urootでログインできない場合は以下コマンドを実行

$ sudo service mysql stop
$ sudo rm -fr /var/lib/mysql
$ sudo mkdir /var/lib/mysql
$ sudo chown mysql:mysql /var/lib/mysql
$ sudo /usr/sbin/mysqld --initialize-insecure --user=mysql --datadir=/var/lib/mysql

$ sudo service mysql restart

$ mysql -uroot

```html
mysqlに入った場合はexit;コマンドで終了できます
```html
mysql> exit;

gemrcを設定

$ echo install: --no-rdoc --no-ri >> .gemrc
$ echo update:  --no-rdoc --no-ri >> .gemrc

RailsNewする

$ rails new myapp -d mysql
$ cd myapp

Gemをインストール

$myapp gem install mysql2
$myapp gem install 'therubyracer'
$myapp bundle install
$myapp bundle exec rake db:create
$ myapp bundle exec rails s -b 0.0.0.0

Ubuntu上のブラウザでhttp://localhost:3000へアクセスし ブラウザ上でYay! You’re on Rails!が表示されればインストール完了です

Rails Newしたときにエラーになる

-----
mysql client is missing. You may need to 'apt-get install libmysqlclient-dev' or
'yum install mysql-devel', and try again.
-----

というエラーが出た場合は libmysqlclient-devをインストールします。

$ apt-get install libmysqlclient-dev

※必要ならSudoを頭につける

RuntimeUnavailableエラーが発生した場合

Could not find a JavaScript runtime. See https://github.com/rails/execjs for a list of available runtimes. (ExecJS::RuntimeUnavailable)

myapp/GemFileのGemFileを開いてへ以下を追加して

gem install therubyracer
$myapp bundle install

ActiveRecord::NoDatabaseErrorエラーが発生した場合

ブラウザへアクセスして以下が表示されたら

ActiveRecord::NoDatabaseError
Unknown database 'myqpp_development'

DBの生成がうまくいっていないので

$myapp bundle exec rake db:create
$bundle exec rails s -b 0.0.0.0

上記コマンドでmyqpp_developmentDBを生成してサーバーを起動し、再度Ubuntu上のブラウザでhttp://localhost:3000へアクセスします。

以上になります。

その他関連記事

MacでSpring Bootをダウンロードして Hellow Wordを表示する

AWSのLinuxサーバーでJava8を利用する

Android Studio3をWindowsへインストールする

エックスサーバーへWordPress(ワードプレス)の簡単インストールを行う

ツイッターのタイムラインを自身のサイトへ埋め込む方法

Python3初心者向け|無料で使えるIDE PyCharmの紹介

Yumコマンドがロックされた場合の対処方法|ロックファイル /var/run/yum.pid が存在します

Ubuntu 16へDockerをインストールする

前の記事
次の記事
人気記事
カテゴリーから記事を探す