Header
2019-02-02
2019-08-02

【初心者・独学者向け】データベースとは何かを解説します

20190202db

はじめまして。皆様と同じようにプログラミングを学習しているT.Iと申します。

最近、改めてデータベースに関わることを復習しようと思い、データベースに関連する知識を整理しておりました。そこで本日は、データベースに関わる専門用語をプログラミング初心者向けに書きたいと思います。

唐突ですが、みなさまはデータベースのことを本当に理解できているでしょうか? ここでは理解ができている定義として、

「人に完結にわかりやすく説明できること」

とさせてください。もし、できないのであれば本サイトの記事を参考にして基礎を固めましょう!

DB(データベース)とは

電子的な媒体にファイルなどの形式で保存、蓄積したものです。イメージとしては紙の会員名簿やアドレス帳を電子化させたものです。

RDB(リレーショナルデータベース)とは

複数の表の形式でデータが管理されているもので、それぞれの表のことを「テーブル」と呼びます。つまり、リレーショナルデータベースの実態はデータベースの集合体です。

カラムとは

テーブルのタテの列のものです。上記画像でいうと、ID、NAME、FROM、PRICEが当てはまります。

レコードとは

テーブルのヨコの列のものです。

SQLとは

データベースを操作するための専用の言語で書かれた命令のことです。1つの列と1つの行をSQLで命令を行うことで、その値(要素)のデータを変更したり参照することができます。

(例)

SELECT PRICE

「SELECT」という命令で、どのカラムかを指定しています。ここでは「PRICE」を指定しています。

FROM PRODUCT

「FROM」という命令で、テーブルを指定しています。ここではテーブル名「PRODUCT」を指してます。

WHERE PRICE > 5000

「PRICE」カラムから5,000以上のレコードを条件指定しております。このSQLを実行すると結果は下記になります。

10000

これはあくまで一例ですが、様々なSQL文がありますので、またご自身でも調べてみてください。

DBMS(データベースマネジメントシステム)とは

SQLを実行するためにPC内で稼働しているプログラムのことです。SQLが実行されると、このDBMSに送られ、そのSQLに従ってデータベースを操作してくれます。

RDBMS(リレーショナルデータベースマネジメントシステム)とは

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、このDBMSのうち複数の表の形式でデータするものをRDBMSといいます。代表的なものでいえば、MySQLやPostgreSQLがあります。

これらは、それぞれのRDBMSでSQLの命令方法や書き方に違いがありますが、ここでは割愛させていただきます。

まとめ

データベースとはいろいろなデータの集合体。データの管理や検索など様々な役割があります。

SQLで書いた命令をDBMSに送信することで、該当するデータの検索、削除、更新、追加を行うことができます。

データベースの種類については さまざまな種類のデータベースについて

MySQL関連記事

MySQLでテーブル名を変更する

MySQLテーブルから指定カラムを削除する

MySQLでカラム名の変更と上書きする

MySQLでテーブルをコピーする

MySQLでNULLや空文字を検索する

MySQLでテーブルへカラムを追加するALTER TABLE ~ ADD

その他関連記事

Ruby on Railsのデバッグツール byebugの紹介

Python3でDjangoをインストールし、HellowWoldを表示する

BeautifulSoupとpython3を利用し、画像をスクレイピングしてローカルに保存する

Djangoでページを追加し表示する|初心者・独学者向け入門コンテンツ

Djangoで発生するエラー:TemplateDoesNotExist atの解説と解消方法

DjangoとPython3でMysqlを利用する|初心者・独学者向け入門コンテンツ

Python3初心者向け|無料で使えるIDE PyCharmの紹介

Scrapyで相対パスを絶対パスに変更する

Ubuntu16 VM Virtual BoxへRuby On Railsをインストールする

未経験からエンジニアになった人間が考える、今からエンジニアに就職する方法

前の記事
次の記事
人気記事
カテゴリーから記事を探す