Header
2019-07-30
2020-10-22

未経験からエンジニア転職する方法|経験者が解説

2019 08 02 ec8bcd972b791475f24ae64d5a79e619 s

記事を書いてる人

法人営業8年→28歳から人脈なし・非大卒・未経験からエンジニア(約2年半)→個人事業主のエンジニア(約10ヶ月)→法人化した人

エンジニア歴は約4年半

私は五反田もくもく会を主催して おり、参加者の中には未経験からエンジニアを目指す方が多く

また経歴の通り、私自身も未経験からエンジニア職にキャリアチェンジしました。

そんな中もくもく会でお話している、今から未経験でエンジニア職を目指す方向けの勉強サイトと就職・転職方法を記載します。

なお、本記事はフロント・サーバサイドエンジニアを対象にしています。

未経験からエンジニアを目指している人は増加傾向

これはプログラミングスクールも悪いんですが、未経験からエンジニアになってフリーランスでかなり稼げます!!

リモートワークにできます!!などのメッセージから未経験からエンジニアを目指す人間が増加しています。

関連記事

未経験からフリーランスエンジニアは厳しい|現役エンジニアが解説

感覚的には2017年の終わりくらいあたりからプログラミングスクールが上記のような売り文句を全面に出した事と、プログラミングスクール自体が増加したためエンジニアを目指す人間はかなり増加しています。

知人のSESの会社が、直近で未経験可のエンジニアの求人情報をウォンテッドリーに投稿したところ、初月で約180名の応募があり、月平均100名の応募があるとのこと。

一般的に避けられる傾向のあるSESでもこのように応募が増加しているので、実態としてもかなりのエンジニア志望者がいると予想されます。

ただ、未経験からエンジニアに就職して活躍している方もいるので企業も未経験エンジニアの採用に理解が出始めてきています。

私自身は2016年にエンジニアとしての就職活動を行いましたが、ウォンテッドリーで未経験応募可 エンジニアで 検索したところ体感で当時より3倍程度増加していました。

※未経験可の求人は完全未経験ではなく、職業として未経験な事を指すので自己学習を行っている事は必須条件です

この事から未経験からエンジニアに目指す人間の中でも

優秀な人間は就職しやすく、プログラミングスクールにただ通学しただけやアピールポイントがない人間は全く就職できない状態になっているのが現状です

ぶっちゃけ2016年くらいだったら、やる気だけでなんとかなった部分もあるのですが、年々成果物や技術力の アピールが必要になってきていると感じます。

なお、稼ぎたいと思いエンジニアに転職したい方はまず以下を読むことをお勧めします。

プログラミングで挫折する人の特徴|未経験からエンジニアに転職した人間が解説

今から未経験でエンジニアを目指す際の最適な道のり

未経験からのエンジニア転職で書類選考や面接では、カルチャーフィットやビジネスマナーなど基本的な部分以外は

技術的素養があるかと、自走して問題解決できるか

が見られます

それを証明するには以下2つを行い達成してから、就職活動を行います。

達成すべき内容
  • 1:paiza(パイザ)のスキルチェックでプログラミング言語問わず、Aランク以上の取得
  • 2:フレームワークを利用したポートフォリオサイトの作成しネットに公開

上記1と2が対応できない場合はAtcoderの緑以上

基本的に未経験からのエンジニア転職については応募できる企業数が少ないので、闇雲に応募しても受託開発や自社サービスの会社への入社はなかなか難しいです

もちろん未経験者が登録できるサイトや転職エージェントなどもありますが、何の武器もなければ、希望の企業は紹介してくれませんし、大体はSESを紹介されます。

さらに、コロナ後で、下請けSESも業績が厳しくなり、未経験者を雇用する余裕もなくなっているので、より未経験からのエンジニア転職は競争が激化しています。

その為武器を作った後に就活するために、上記の2つを達成してからという書き方をしています。

paiza(パイザ)に登録する理由は後述しています

その他SESからWeb系へ転職された方のインタビューは以下

客先常駐SESからWeb系自社サービスのエンジニアに転職した実例

関連記事

女性エンジニアのキャリアプランや転職について考える

paiza(パイザ)Bランク練習問題|日別訪問者数の最大平均区間のRubyサンプルコードと解説

paiza(パイザ)Bランク練習問題|神経衰弱のRubyサンプルコードと解説

paiza(パイザ)Cランク練習問題|5以上の整数の合計のRubyサンプルコードと解説

職歴を作る為にSESへ就職しWebエンジニアへ転職は可能か

なぜPaizaのスキルチェックとポートフォリオサイトの作成が必要か

ポートフォリオサイトだけでは他の志望者との差別化が難しくなっている事と、スクール課題を消化するだけでは、自分の頭でコードを書けないからです

これについては採用側の方が皆口を揃えて言っております。

その為自分のプログラミングに関する技術的素養と、自走力を証明するできるプログラミング言語の第三者的な評価を行うサイトが、paiza(パイザ )であるので、お勧めしています。

なお理系出身や数学が好きな方は競技プログラミングのAtCoder(アットコーダー)をお勧めしています。

AtCoder(アットコーダー)の方がpaiza(パイザ )より難しいです

関連記事

【DMM】1か月目の感想で浮かび上がった|自分の頭で考えてプログラミングできない事実

未経験からエンジニア転職でPaiza(パイザ)を勧める理由

解説動画が豊富にある事と問題が多数用意されているので、ランクアップのステップアップが比較的やりやすい為です。

※簡単という事ではない。

なおPaiza(パイザ)では自分のプログラミングランクによってスカウトが送られてくるのですが、感覚的にAランク以上でないと、自社サービスの会社からスカウトは送られてこないです。

また、AtCoder(アットコーダー)は上級者向けなので、Paiza(パイザ)に慣れてきたら試してみる形で良いかと思います。

※海外にも上記のようなサービスがあるので、英語を理解できる方であれば、検索してみてください。

ただ、paiza(パイザ)だけではフレームワークの知識習得は行なえませんのでフレームワークとその他Webサービス開発に利用するgitやLinux DBなどの知識を得るためにフレームワークを利用したポートフォリオサイトの開発が必要になります。

なおSES業態であれば、Paiza(パイザ)でDランク

あとはプログラミングスクールなどの通学終了後にそのまま就職できる可能性が高いですが、SESで商流が深い場合はかなりブラックになりがちです。

ここらへんの解説はこの業界で有名な米村社長の 日本のIT業界のためにSESは消滅するべきだと思うが分かりやすいです。

客先常駐SESはブラックなのか?

paiza(パイザ)Cランク練習問題|5以上の整数の合計のRubyサンプルコードと解説

paiza(パイザ)Cランク練習問題|検索履歴のRubyサンプルコードと解説

paiza(パイザ)Cランク練習問題|宝くじのRubyサンプルコードと解説

初心者・未経験者向けプログラミングの学習サイト

プログラミング言語の学習サイトは基本的に無料でオンラインで操作できる以下をご利用ください。

いきなりプログラミングスクールに通学しても挫折する方が多数いるので、まずはプログラミングが自分に合致するかをご確認ください。

1:プロゲート

2:ドットインストール

3:Paizaラーニング

上記のサイトで、Paizaラーニングやプロゲートはオンライン上でエディタを利用できるので、インターネットに接続可能なPCがあればプログラミングを体験できます

学習するプログラミング言語は、以下であれば基本的に問題ないと思います。

PCのサービス:PHP Java Ruby Python

スマホサービス:Java Swift Kotlin

※記載した学習サイトで、無料学習できないプログラミング言語もあるのでご注意ください。

パイザやドットインストールに慣れ始めたら、プログラミング系の書籍を購入し、フレームワークの勉強は有料のUdemyの動画や無料の各プログラミング言語のフレームワーク公式のチュートリアルで勉強したり、Paizaのスキルチェック問題を実施してみてください。

上記なら有料でも三千円以内で勉強できます。

また月1万程度ですが、PythonのコードからフレームワークのDjangoまでも勉強し、直接現役エンジニアに質問できる オンラインPython学習サービス「PyQ™(パイキュー)」もお勧めです

運営がPythonの開発で有名な株式会社ビープラウド である点と、月額が非常に安いでのでお勧めです。

PyQ™(パイキュー)の詳細を確認する

関連記事

独学プログラミングの勉強手順|未経験からエンジニアに転職した人間が解説

未経験からエンジニアに転職した人間が解説|独学プログラミングで挫折しないよう心がける事

Linux試験|LPIC101試験の受験レポート

Rubyの資格試験|Ruby技術者認定試験 (Silver version 2.1)の解説と対策概要

N進数を10進数に変換する練習問題

未経験からのエンジニア転職失敗事例

未経験からのエンジニア転職で年収はいくら?

基本的に過去の職歴やスキルが加味されない場合は 自社サービスの会社だろうが、SESだろうが

首都圏で250万~300万(ボーナスなし 残業代も出ない)

です。 

ちょっとよくて360万くらい

いい例で420万くらいですが、400万は1000人に1名などです

その後3年勤務しても年収が100万くらい上がるかどうかです。

ぶっちゃけ学歴があるなら、外資のアクセンチュアや 日系のアビームコンサルなどで、ITコンサルタントに転職する方が稼げます。 

もちろんこれらの会社は実態はSIなので、コードは書きません。

さらに他人より突出した学歴・職歴がない場合は 下請けSESへの就職となります。

エンジニアは人手不足と言われていますが、 実力のあるエンジニアが不足しています。

みずほの大規模プロジェクトも終了し、各種無料の開発ツールも出てきているので、システム開発は内製化 の流れになっておりSI的な仕事も徐々に少なくなっています。

大規模開発のSIやSESで勤務していたエンジニアの転職も活発になっているので、エンジニア内でも競争が発生しています。

この事から残念ながら金を目的としてエンジニアを目指すなら楽して儲かるわけでもないですし、年収も高くありません。

金だけを見ると入社しても、エンジニアとして勤務し続けても茨の道です。

関連記事

大手SIerへ転職できる人を現役エンジニアが解説

未経験からエンジニアに就職しても年収は低いよ

プログラミングスクールに通うべきか

プログラミングスクールは課題と課題についての質問に回答してくれるので、余裕がある方は通学されてもよいと思います。

既存のエンジニアに能力がない、

既存のエンジニアは仕事の仕方が残念だからフリーでも稼げる

などと記載しているスクールもありますが

スクールに通うだけでは簡単には稼げませんし、

フリーランスエンジニアで稼げませんし (売上月20万くらいなら可)、

リモートでキラキラもできませんし、

未経験からエンジニアとして転職する事もできません。(SESへの就職は除く)

断言します。そこまで甘くないです

関連記事

税理士が執筆|フリーランスは老後資金を考えて、毎月いくら稼ぐ必要があるか

あくまで学習を補助する位置づけでの利用をお勧めします。

無料のプログラミングスクールもあるのですが、スクール側の推薦する企業に就職しなければならないため、こちらも実力がなければSESへの就職を提案されます。

さらにスクールが提案する企業へ勤務しない場合は、スクールの受講料を支払う必要があります

こういった点からも、無料のプログラミングスクールを検討する場合はよく考えてください

また、フリーランスコースを受講する方もいらっしゃると想いますが、フリーランスは以下の記事に紹介している力がないと稼ぎ続けれません。

ただ、それでもやりたい方はやればいいと思います。

フリーランスエンジニアで稼ぎ続けるために必要な3つの力

プログラミングスクールの口コミについては、グーグル検索では、あまり有益な情報はありません。

なぜならシステムエンジニアではないただのアフィリエイターが、グーグルに対してSEO対策を行っているので、簡単に稼げるや3ヶ月でエンジニアになれるなどメリットしか前に出されていません。

私が直接20代後半でエンジニアに転職された方のプログラミングスクールに通われた方の口コミなどは27歳から未経験でエンジニアに転職された方が検討したプログラミングスクール に記載しています

なので、ツイッターでプログラミングスクールのコース名や名前などで検索するとよいです。

実際の生の声が出てきますので、検討する際に検索してみてください。

なお残念ながらツイッターでもステマがあるので、これも自分でよく考えて情報を集めてみてください。

特にキラキラ系のメリットしか出していないTweetしかしていない場合は要注意です

未経験からフリーランスエンジニアで年収1000万は可能か?

1万人に1人くらいは可能です。

それ以外は基本的にフリーターの自給以下で働く形となります。

ツイッターではよく、世界を旅するエンジニアや年収1000万稼いでいるなどでキラキラ系の投稿がありますが、実際は儲かっている風なだけで儲かっていません。

特に以下を提示しているインフルエンサーは要注意です

1:クラウドワークスを利用した案件獲得の推奨

2:HP制作会社への営業推奨

3:東南アジアで生活費を抑えノマドワークする

これらを行っても年収1000万は現実的には非常に難しいです

理由は以下の記事を詳細に記載しています

未経験からフリーランスエンジニアは厳しい|現役エンジニアが解説

そういったキラキラ系の方たちはオンラインサロンやプログラミングの勉強方法を情報商材として販売する事を商売としています。

関連記事

低単価で海外ノマドのフリーランスや旅するように仕事するのは危険

じゃあどうすれば年収1000万になるかというと

1:既存のエンジニアより高い技術力を証明する

2:エンジニアスキル×過去の職歴を組み合わせる

技術力証明でいうとAtCoder(アットコーダー)で赤程度か コンピューターサイエンスの大学院卒業などです。

過去の職歴と組み合わせるというと

エンジニアスキル×営業マンのスキル

エンジニアスキル×デザイナーのスキル

エンジニアスキル×介護士、看護師、教師

など過去の職歴とエンジニアスキルを組みあわせれば、 1000万は可能かもしれません

一般的な事務スキルや飲食店での職務経歴が長い場合は その過去の職場で秀でた実績を上げていれば、エンジニアスキルと掛け合わせる事は可能です。

要は過去仕事で成果を上げていれば、その成果×エンジニアスキルで年収1000万は可能です

が、過去仕事で実績を上げていなければあまり評価されません。 残念ながら資本主義の市場では、

1:他人より秀でているか

2:他人が提供できない珍しい価値があるか

をアピールするしか高単価のお金は受領できません。

誰でもエンジニアに転職・就職したら1000万は幻想です

関連記事

転職ドラフトの感想|1000万オーバーの指名を受けた

業務SESやSIからWeb系エンジニア転職の志望企業の見つけ方

勉強時間の目安

いわゆる求職者に人気の自社サービスを運営している会社を志望するなら、総勉強時間で500〜1000時間以上は必要です。

これは未経験から自社サービスのエンジニアに就職された方10名からお聞きした目安なので、割と角度は高いです。

なおプログラミングスクールに通っていても同じくらいの時間が必要になります。

五反田もくもく会のある参加者の方の直近実例では、

27歳で2019年10月〜2019年12月まで勉強し、2020年1月から転職活動され、2020年3月からある自社サービスの会社に勤務されています。

その方の総勉強時間は約1000時間です

1000時間にないにしろ、未経験から自社サービスか受託開発の企業に転職する場合は、難関資格に挑戦するぐらいの勉強時間が必要になります。

社会保険労務士   
必要勉強時間の目安:1000時間    
合格率7%

行政書士    
必要勉強時間の目安:600時間 
合格率7%

宅地建物取引主任者 
必要勉強時間の目安400時間    
合格率15%

参考:資格難易度ランキング!勉強時間&合格率から考察する!

これくらいの時間を費やして、その後未経験からエンジニアに就職しても首都圏で年収は300万前後です。

となるとそもそもこの時間を費やす価値があるかもよくお考えください。

経済安定性を取るなら、難関資格を取得した方が安定性はあります。

システムエンジニアは技術革新が激しく、常に勉強し続けなければ文字通り食べていけません。

未経験からエンジニアに就職しても年収は低いよ

未経験からフリーランスエンジニアは厳しい|現役エンジニアが解説

そういった意味でも、まずは無料のサービスを利用し、適正を判断していく事をオススメします

技術力以外に選考で重視される点

前述した技術力以外にも未経験職種では実力以外に以下の部分が強く見られます。

1:年齢

エンジニア転職ではなく、一般的な職種を変更する転職でも若ければ若いほど有利に働きます。

大体27歳くらいから不利になり、25歳以下ならやる気や面接の熱量でカバーできます。

26歳から会社によります

2:学歴

エンジニア職はIQや地頭の良い場合は技術習得も早いですし、自分一人で自走できます。

文系だとMARCH以上は有利になります。

それ以外は残念ながら不利です

3:過去の職歴と実績

マネジメント経験があったり、前職で功績を出している場合は有利に働きます。

その他理系大学から一貫して同じ分野も勉強し、会社員でもその研究を行なっているなどの1つの分野で長く勉強しているなども有利になります。

年齢が27歳以上で、学歴もない方はこの職歴の部分を強くアピールしなければなりません

もちろんジョブホッピングしていたり、一貫した職歴がない場合は、かなり不利になります

逆に1〜3全てがない場合は、技術力を証明できても

就職でも厳しく、就職後も血の滲む努力を行なってやっと仕事になるレベルの技術力になります

なお、フリーランスの道もそんなに甘くはありません

上記を含めて、割と道のりは険しくそもそも職として行うかは強くお考えください

未経験からフリーランスエンジニアは厳しい|現役エンジニアが解説

フリーランスエンジニアで稼ぎ続けるために必要な3つの力

前段でも書きましたが、人生の一発逆転を狙ってエンジニアを目指すのなら、お勧めしません。

以下のような資格の方が独占業務を行えるので、エンジニアより安定しています。

会社を退職してプログラミングスクールにいくべきか

会社を退職し人生の起死回生の手段として、プログラミングスクールに通学される方もいますが、これはリスキーなのでお勧めしません

それを行って、スクールの課題についていけなかったり、自分のレベルのなさに挫折して失敗している人を何人も見てきました。

ネットなどでは成功例がフォーカスされていますが、会社を退職して、プログラミングスクールに通学した結果エンジニアにもなれず元の職にも戻れない人間も多数います。

実はそういう人間の方が多いです

ひとときのモチベーションを頼りに会社を退職するのは非常にリスキーです。

そもそもプログラミングは日本でもオンラインで無料で勉強できますし、場所に縛られずに自習できます。

起死回生の手段ではなく、毎日1分でも30分でも続けて行き、 習慣化して勉強し、自分の実力を上げていく事の方が結果的にはエンジニアへの転職の成功の近道です。

その為働きながら、長期の期間をみつつ日々プログラミングを行うことを考えてください。

関連記事

未経験からのエンジニア転職失敗事例

年齢による転職難易度

27歳あたりからエンジニアを目指すのは非常に厳しくなります。

これはエンジニア職への転職問わず、未経験の職種へのキャリアチェンジの場合は全てに当てはまります。

しかし厳しいが無理ではないです。

この年齢からは技術力だけでなく、過去の経験から仕事に貢献できることもアピールしなければなりません。

それは趣味や過去の経験したことなら何でもありです。

例えば過去工場に勤務しているなら、工場向けのECサイトを運営している会社で、自分が考えている改善点を提案するや

趣味が映画鑑賞なら、映画に関する口コミサイトを運営している会社に、自分が考えた改善点を提案する必要があります。

何かしら過去の経験を無理矢理にでも繋げて、採用するメリットを伝えなければ、就職は非常に厳しくなります。

逆に過去の経験が思いつかないなら、より時間をかける必要があります。

幸いな事にエンジニアは自己学習した内容を業務にスライドしやすく、なおかつ実力を可視化しやすい職なので、必死に頑張れば年齢に関係なく就職可能です。

実際私の知り合いは40歳からエンジニアとして活躍されています。

結局は年齢や学歴 性別 国籍も関係なく人よりも時間をかければ、就職できます。長期の目線で諦めずに勉強する事をお勧めします。

以上になります。

その他関連記事

フリーランスエンジニアと契約・報酬形態について

SEO対策の前に学ぼう!検索エンジンの歴史

エックスサーバーへWordPress(ワードプレス)の簡単インストールを行う

CSS3でhoverした時に背景をふわっと変更する|コピペで動くサンプル付き

Ruby on Railsで大量データを繰り返し処理する場合findeachやinbatchesを使おう

フリーランスになってクレカの申請は通った。ただしあれは拒否された

未経験からエンジニアに転職した人間が解説|独学プログラミングで挫折しないよう心がける事

RailsでABテストをするfor ahoy

5次受けSES体験記|未経験からエンジニアに転職した人間が解説

あなたにお勧めの記事
前の記事
次の記事