Header
2019-09-25
2019-10-09

Ruby on Raisで指定マイグレーション ファイルのみ実行する

2019 09 25 544ea2e5ab759189ac00f2c191f16c2f s

bundle exec rake db:migrate:statusで未実行のファイルを確認

以下コマンドでマイグレーションファイルのID一覧を表示

up が実行ずみで、downになっていない部分が未実行のファイル

bundle exec rake db:migrate:status

 Status   Migration ID    Migration Name
--------------------------------------------------
   up     20190515071540  ********** NO FILE **********
   up     201905311553139  ********** NO FILE **********
   up     20190604094553  ********** NO FILE **********
   up     20190709081954  ********** NO FILE **********
   up     20190813112723  ********** NO FILE **********

  down    201909252724        Create company images

バージョンを指定して実行

あとはdownのファイルのIDを指定して実行

bundle exec rake db:migrate:up VERSION=201909252724


== 201909252724 CreateCompanyImages: migrating ====================================
-- create_table(:company_images, {})
   -> 0.0099s
== 20190925 CreateCompanyImages: migrated (0.0101s) ===========================

以上になります

その他関連記事

Ruby on Railsでsitemapを自動生成しsitemapを自動更新する

【初心者・独学者向け】Ruby on Railsで中間テーブルを作成し、多対多を実現する

Ruby On Rails でデータを取得するメソッド一覧

【初心者・独学者向け】Ruby On RailsでテーブルやModelを削除する際のコマンド

rake aborted! NoMethodError: undefined method `inet'

無料で使えるCDN Cloudflare(クラウドフレア)の登録方法を解説

【初心者・独学者向け】Ruby on Railsでrake db:seedで初期データを投入する

Ruby on Railsで大量データを繰り返し処理する場合findeachやinbatchesを使おう

HTMLより簡潔に簡単に書ける!マークダウンの解説とコード例

前の記事
次の記事
人気記事
カテゴリーから記事を探す