Header
2019-10-28
2019-11-04

プログラミングで挫折する人の特徴|未経験からエンジニアに転職した人間が解説

2019 10 29 money

執筆者プロフィール

法人営業8年→人脈なし・非大卒・未経験からエンジニア(約2年半)→個人事業主のエンジニア(約10ヶ月)→法人化した人

五反田もくもく会&勉強会の主催者

プログラミングスクールへ通学しているか問わず、エンジニアを目指す人は3か月で90%くらいが挫折すると言われています。

実際私もそう思っており、今回は挫折する人の特徴を記載します。

稼ぎたいと言っている割に欲が弱い

フリーランスで自由に稼ぐや、楽に稼げる等の理由でエンジニアを志す方が増加しています。

エンジニアを目指す理由は何でもいいと思うので、上記のような理由の為にプログラミングを勉強する事は問題ないと思います。

残念な真実ですが、稼げるのキーワードでエンジニアを目指してプログラミングをしている人で、過去人並み以上に稼いだ経験がない人間は99%挫折します。

※稼げるのキーワードが主目的でなければ、この項目は該当せず。

これは断言します。

私はプロフィールの通り営業職の方が経験が長いのですが、 稼ぐ目的で営業をして結果を出している人間を見ていました

彼らは例外なく

女にもてたい 

車欲しい

家欲しい

いい飯が食べたいなど

色々な欲望が凄まじく強く、 その欲望を満たす為に絶えず行動し、失敗し、売上を出して稼ぎまくっていました

私の営業時代の上司は有名な営業会社の光通●に在籍していた方で、彼は相当な女好きでしたがやはり結果を出して稼いでいました。

また彼は高卒ながら光通●時代は20歳の時に年収2千万円を稼いでいたといっており、実際嘘ではないと思います。

強欲な人間は欲を満たす為に圧倒的な行動と不屈の精神で戦いを挑み結果を出します。

これは営業職だけでなく様々な職種や仕事内容に言えます。

有名な映画ウォール街で、マイケル・ダグラス演じる投資家ゴードン・ゲッコーの名言で

強欲は善だ 

という言葉があります。

私もこれはビジネスについては正しいと確信しています。

上記の通り、稼ぎたいのキーワードでプログラミングを勉強する人で、過去人並み以上に結果を出した経験がない人間は

結局ただの怠け者で、欲望が薄い人間です。

その為、行動量も少なく、直ぐに諦めます。

彼らに共通するのは自分の人生で起死回生の効率的な何かを求めて日々人生を彷徨っていますが、楽をする為に努力する事が頭から抜けています。

こういった人間はプログラミングだけでなく、過去

仮想通貨

競取り

ブロガー

YouTuberなどのインフルエンサー

バイオプ

などを行って、同じように結果が出ず挫折しています。

ちなみに稼ぐのが目的なら

ワンルームマンションを販売する会社や

住宅販売 

物上げ会社 

ウォーターサーバーの飛び込み営業

法人向けのコピー機の営業

などの方が稼げます。

凄まじくキツイし、案件を獲得できなかったらローキックが飛んだり、物が飛んできますが

そんなキツイ会社無理だって?

スマートに稼ぎたいって?

過去稼いだこともない人間が何をほざく。

だったら自分と戦おう

今の仕事・食事・睡眠以外全てプログラミングに時間を割こう

やる気に頼って、行動を変えない

何でもそうですが、スキルを取得するには時間を大量に投下して習慣化しなければなりません。

しかし、挫折する人は日々の生活習慣を変更せずに、土日に一気にプログラミングをするだけで平日の行動は変更していません

世界的なコンサルティング会社のマッキンゼーアンドカンパニーの初代日本社長 大前研一氏は自分を変革する3つの方法は

時間配分を変えること。住む場所を変えること。そして付き合う人を変えることである。  と言っています

そして、

もっとも無意味なのは「決意を新たにする」.

とも言っており、私もこれについて100%同意します

プログラミングを挫折する方は平日は飲み会・友人関係・仕事が忙しい何かにつけて理由を言って、プログラミングをしません。

また、プログラミングする場所についても、家でやり結局 集中できずやる気をなくしたりしています。

プログラミングは書籍やアプリなどで通勤通学時間でも勉強できますし、飲み会に関しても断って関係が崩れる飲み会などそもそもいい人間関係ではないので健全ではないはずです。

しかし、プログラミングを挫折する人はこの時間配分、場所、人間関係を変更することができません。

多分これをできない人は、プログラミングに関わらず他の自己投資も成功しません

時間を費やさず、効率的な方法がないかずっと考えている

仕事も他の資格試験も同じですが、時間を費やしてから効率化を求めるべきであり、全く時間を費やしていないのに効率化を考えながら行動するのは無意味です。

しかし、プログラミングで挫折する人は時間を費やさずに 効率的な勉強方法を求め、うまくいかず結果挫折します。

プログラミングは幸いなことに、オンラインでの無料講座やテキストもあるので、学習の参考情報は多数あります。

その為

全く理解できず頭が禿げるくらい状態を

最低2ヶ月で100時間費やして見てください。

ここから効率化の手段やプログラミングへの理解が発生するはずです。

また、全く分からない、進捗がないと思っても必ず身になっているのですが、そこまでの時間を割くまでにかなりの人間が挫折します

未経験からエンジニアに転職した人間が解説|独学プログラミングで挫折しないよう心がける事

独学プログラミングの勉強手順|未経験からエンジニアに転職した人間が解説

以上になります

その他関連記事

未経験からエンジニアに就職しても年収は低い

未経験からフリーランスエンジニアは厳しい|現役エンジニアが解説

税理士が執筆|フリーランスから法人成りする基準と法人化のメリット・デメリット

5次受けSES経験者が考える SIやSESからWeb業界へキャリアチェンジする方法

フリーランスになってクレカの申請は通った。ただしあれは拒否された

5次受けSES体験記|未経験からエンジニアに転職した人間が解説

未経験からエンジニアに転職した人間が考える、今からエンジニアに就職する方法

前の記事
次の記事
人気記事
カテゴリーから記事を探す