Header
2019-12-06
2020-01-21

Go言語のIf文の解説とサンプルコードなど

2019 12 06 pc

Go言語でのif文を解説します。

なお、エディタのダウンロードなどが面倒な方はパイザのオンラインエディタの利用をオススメします。

サンプルコードなどを、ブラウザですぐに確認可能です。

paiza.io

Go言語でのIf文の基本

基本的に以下のような形になります。

if  条件 {
    処理
} else if    {
    処理
} else {
  処理
}

比較演算子は以下になります。


a == b  ab
a != b  ab
a < b   ab
a <= b  ab or 
a >b    ab
a >= b  ab or 
a && b    a and b
a || b    a or b

Go言語でのIf文のサンプルコード1

package main
import "fmt"

func main(){
    num := 8
    if num % 2 == 0 {
        fmt.Println("2で割り切れます")
    }else  if num >3{
        fmt.Println("3より大きいです")
    } else {
        fmt.Println("それ以外")
    }
}

Go言語でのFizz Buzz

package main

import "fmt"

func main(){
    for i := 1; i <= 100 ; i++ {
        if i % 3 == 0 && i % 5 == 0 {
            fmt.Println("FizzBuzz")
        } else if i % 3 == 0 {
            fmt.Println("Fizz")
        } else if i % 5 == 0 {
            fmt.Println("Buzz")
        } else {
            fmt.Println(i)
        }
    }
}

その他関連記事

Go言語の配列処理のArrayとSlice違いやサンプルコードなど

Go言語のMap処理(ハッシュ)の操作やサンプルコードなど

Gemを利用せずRailsで画像をDBに投稿する

goenvでGo言語をMacへインストールする

AWS S3コマンドでS3のバケットにzipファイルを転送する

フリーランスエンジニアのなり方|法人化した人間が解説

税理士が執筆|フリーランスは老後資金を考えて、毎月いくら稼ぐ必要があるか

前の記事
次の記事
人気記事
カテゴリーから記事を探す