Header
2020-02-09
2020-02-21

JavaScriptで利用ブラウザを判定する|サンプルコード付き

2020 02 09 49d63820750301ad7ac897ac00f23be0 s

JavaScriptで利用ブラウザを判定する

以下でアクセスしているユーザーエージェントを取得する事が可能です

var userAgent = window.navigator.userAgent;

取得できるブラウザとユーザーエージェントの識別子

ブラウザ ユーザーエージェントの識別子
IE(11未満) MSIE
IE(11以上) Trident
Edge Edge
Chrome Chrome
Safari Safari
Opera opera
FireFox Opera

IE11からmsieが削除されているので、tridentを設定する必要があります

つまり、IEのブラウザを判定したい場合はTridentとMSIE の両方を取得する必要があります。詳細は以下サンプルコードをご覧ください

JavaScriptでIEとedgeを利用していたら、Chromeダウンロードを促す

以下はサンプルコードです。

.indexOf('○○') の部分をユーザーエージェントの文字列に変更すれば、任意の動作を行えます

$(function() {
   var userAgent = window.navigator.userAgent.toLowerCase();
  if (userAgent.indexOf('msie') !== -1 || userAgent.indexOf('trident') !== -1 || userAgent.indexOf('edge') !== -1) {
    confirm('本サービスはIE Edgeに対応していません。 クロームをダンロードしますか?');
    return open('https://www.google.com/chrome/', '_blank');
  }
});

toLowerCase()は取得した文字を小文字化します。

繰り返しですが、IE11からmsieが削除されているので、tridentを設定する必要があります

以上になります

その他関連記事

jQueryと正規表現でフォームのバリデーションを設定する|コピペで動くサンプル付き

Vue.jsでマークダウンに対応したメモ帳アプリを作成する|コピペで動くサンプルコード付き

jQueryで指定した挙動でclassを追加・削除する方法を解説|コピペで動くサンプル付き

CSSとjQueryでレスポンシブデザインに対応する方法

軽量なCSSフレームワークBulma(ブルマ)のご紹介

20代でのエンジニア転職ならサポーターズキャリアが一番だと思う

前の記事
次の記事
人気記事
カテゴリーから記事を探す