Header
2020-05-15
2020-08-10

SES営業の転職先|元法人営業でSESエンジニアが解説

2020 05 15 3253638 s

元法人営業でSES業態のエンジニアとして、関わったことがある著者がSES営業の転職先を解説します。


執筆者プロフィール

法人営業8年→エンジニア(約2年半)→個人事業主のエンジニア(約10ヶ月)→法人化した人 現役のシステムエンジニアでSESでエンジニアとして勤務経験を持つ


今回は元法人営業でSES業態のエンジニアとして、関わったことがある著者がSES営業の転職先を解説します。

SES営業からの転職先を考える際の注意点

SES営業からの転職先を考える際の注意点として、 貴方がインバウンド営業しかやりたくないか、アウトバウンド営業をできるかによって、転職先が変わってきます。

このご時世ですが、テレアポや飛び込み営業を出来る人間と言うのは希少で、経験しているだけで市場価値は上がります。

全てに言えますが、どんなサービスを作っても売れないと意味がないので、個人向け・法人問わず最後は営業力何ですよね。

もちろん1日テレアポ100件や、ビルの上から下まで飛び込み営業を行うのは、精神的にも辛いものがあります。

インバウンドしかしたくない場合は、転職によって業界を変えるよりIT系の会社で自社サービスを提供している企業へ転職する必要があります。

それでは、以下からインバウンドとアウトバウンド別にSES営業からの転職先を記載します。

サイト内ジャンプ:インバウンド営業しかしたくない場合

サイト内ジャンプ:アウトバウンド営業も出来る場合

早めに相談したい方は、私も営業転職で利用した転職エージェントのDodaに相談してみてください。

doda

dodaに相談する

インバウンド営業しかしたくない場合

SES営業からのインバウンド営業を募集している会社
  • 1:SaaSの営業
  • 2:ネットワーク製品やサービスの販売代理店
  • 3:システム開発会社

SaaSの営業

昨今はクラウド化に伴って、BtoBのSaaSのニーズが急増しています。

会社によりますが、SaaSはインサイドセールスが主なので飛び込みなどの営業は行わずあくまで、インバウンド営業を行う会社が多い。

転職しても給料が少し下がる事がいいのであれば、SaaSの営業へ転職するのもいいでしょう。

SaaSの営業は自社製品の仕様を理解した上で、先方の要望を聞き、先方要望に合うように製品設計を行ったり、対応できない場合は先方業務フローを変更するなど、

ヒアリング力と提案力が付きます。

これは保証します。

このスキルは普遍的なスキルで、このスキルがあるからこそ、私はエンジニアとしても、法人化しても活躍する事ができています。

その為、個人的にはSaaSの営業はめっちゃお勧めです。

最近有名な会社は

人材管理のサービス:カオナビ

経費精算:コンカー

Web採用管理:SmartHR

営業管理:セールスフォースドットコム

などです。

これ以外でも様々なSaaSの会社が出来ており、営業職としても転職しやすいです。

実際転職された方のインタビューもあります。SES営業を辞めてCRMの営業へ転職した方のインタビュー

こちらもDodaで転職可能です。

気になるなら相談を。

doda

dodaに相談する

ネットワーク製品やサービスの販売代理店

ネットワーク製品やサービスのメーカーは選考が非常に厳しいですが、販売代理店の場合は比較的営業を募集している会社も多く、業績の割に知名度が低いので割と穴場です。

有名どころで言うと、

セキュリティ系の製品卸とソリューション提供のマクニカネットワークス

ファイアウォールのFortiGate販売で定評がある図研ネットウエイブ

などです。

こう言った企業は海外や日本のメーカーの商品の卸販売とそれに付随するソリューションを提供しており、取引企業は大手SIなどなので、アウトバウンド営業は行いません。

大きな仕事が多いので、プレッシャーもありますが、やりがいはあるかと思います。

こちらも気になるなら、Dodaに相談してみてください。

doda

dodaに相談する

システム開発会社

業種的に似ており、割と近しい業界はシステム開発会社の営業かと思います。

大体は、既に取引のある顧客からシステム改修依頼を受けて、工数と見積もりを提出し、エンジニアやPMと調整を行う仕事が多いです。

調整と馬鹿にする方もいますが、自社サービスだろうが大規模開発だろうが、システム開発には利害関係の調整は必須ですし、その見積もりを計算できる人間は貴重ですし、スキルとしても持っておいて有用なスキルです。

こちらも気になるなら、Dodaに相談してみてください。

doda

dodaに相談する

アウトバウンド営業も出来る場合

アウトバウンド営業も出来る場合は、人材紹介会社か不動産販売の会社をお勧めします。

人材紹介会社

実際SES営業で、人材紹介会社へキャリアカウンセラーとして転職された方からインタビューを取りましたが、給料面と業務内容を考えるなら人材紹介会社もいいでしょう。

SES営業は、人と企業をマッチングする仕事なので、キャリアカウンセラーは割と業務的に直ぐに適用できると思います。

また、中小の人材紹介会社では法人向けの営業とキャリアカウンセラーを兼任する事もあり、アウトバウンド営業も行う事もあります。

とりあえず相談するならDodaに相談してみてください。

doda

dodaに相談する

不動産販売の会社

withコロナで不動産販売は落ち込みましたが、

不動産市場の市場規模は、40〜42兆円と超巨大な業界です。

また不動産販売については、万年人不足なので、お金とスキルを求めるなら、不動産販売系の企業へ転職するのもいいでしょう。

不動産向けに転職を考えてるなら、不動産業界未経験でも転職を斡旋してくれる、宅建Jobエージェントが良いでしょう

宅建Jobエージェントに相談する

加齢と共に成果が求められる

転職する際は、加齢と共に成果が求められますので、転職しようと考えて時間が経過していくと、より転職し辛くなります。

特にSESはアウトバウンド営業を行う企業も少なく、BPからのメールを捌くだけの営業もいます。

その為SES営業の市場価値は一般的には低いです。

これでは、茹でガエル状態になりますので、転職を考えているなら早めに転職エージェントに相談してみてください

この話の詳細はSES営業は早く辞めないと転職できなくなる|元法人営業で現役エンジニアが解説をご覧ください

関連記事

SES営業を辞めてCRMの営業へ転職した方のインタビュー

SES営業を辞めてキャリアカウンセラーに転職された事例

以上になります。

あなたにお勧めの記事
前の記事
次の記事