Header
2020-05-22
2020-05-22

ITエンジニアに強い転職エージェント4選|現役エンジニアが解説

2020 05 22 399777 s

執筆者プロフィール

法人営業8年→人脈なし・非大卒・未経験からエンジニア(約2年半)→個人事業主のエンジニア(約10ヶ月)→法人化した人

エンジニア歴は4年と6ヶ月〜

採用業務にも関わったことあり

今回は現役エンジニアの私がエンジニア転職で、転職エージェントに登録した方が良い理由と、筆者が利用したり周りのエンジニアの評判が良かったIT系の転職エージェントを記載します。

※SES,SIを含めた現役のエンジニアが読者対象です。

ジャンプできる目次



転職エージェントに登録した方が良い理由

エンジニア転職でも転職エージェントに登録した方が良い理由は

1:キャリアの棚卸し

2:職務経歴書の添削

3:面接の練習

を手伝ってくれるという点です。

エンジニア面接でよくあるのが、志望理由で

・モダンな技術開発がしたい

・自分がやりたい事ができなかった

なのですが、面接する方からすれば

いやいや言い方・・・

ってなるんですよ。

貴方が技術的にやりたい事が企業の技術選定に合致してれば良いんですが、上記の言い方だと合致していると判断できないので落選にします。

ぶっちゃけ転職理由はプラスでもマイナスでも何でも良いと思います

が、

企業毎に言い方を変える事は非常に重要です。

1社でも面接は2回〜3回ありますし、慣れと練習が必要です。

そう言った面接対策や企業向けの職務経歴書の書き方を指導してもらえるのが、

転職エージェントです。

逆に企業毎に刺さる職務経歴書を書けたり、面接できる人は 登録の必要はないですね。

エージェントを利用せずウォンテッドリーとか転職ドラフトで 直接転職した方がいいです。

ITエンジニアに強い転職エージェント

以下の社内SE転職ナビ以外は私はエンジニア職でも登録した事がある。

ワークポート

IT業界・IT職種専門の転職エージェントのワークポート

workport

私は営業時代もエンジニア転職時代もお世話になった。

業界特化なので、話のレスポンスも早いし、知識も豊富 面接練習とかも周りのエンジニアでも割と評判が高かった 高齢のエンジニアでも ワークポートで転職してるので、 貴方の年齢に関わらず相談に乗ってくれると思う。

レバテックキャリア

割とここ最近で急成長している会社のがレバテックキャリア

levtech

転職エージェントというよりは、フリーランスのエージェントの方が強いイメージがあるかも

私は過去フリーランス成り立ての時は レバテックを利用した事が、担当が若く 案件量がめっちゃ豊富だった。

個人的なイメージだが年収や給与部分へのフォーカスが多いかな。

確かに高収入系の求人が多い

あまり出ないスタートアップの求人とかも合ったりする 掘り出し案件があると思う。

マイナビ

levtech

まぁ、 マイナビはIT系のエージェントなら1番大手かな

何より他の企業より企業の情報量が多い

その為スタートアップではないが、創業が長くて隠れた中小企業の求人も出てくる場合もある。

社内SE転職ナビ

社内SE転職ナビは私は利用した事がないのだが、珍しい社内勤務SE(非客先常駐開発)の専門転職媒体です

levtech

他の転職エージェントは客先常駐の求人も場合によっては紹介されるかもしれないが、

社内SE転職ナビは非客先常駐開発専門なので今、SESなどで 働いている人は良いかもしれない

転職エージェントを利用する際の注意点

1:誰がどう見ても不利になる転職理由はエージェントにも話さない

2:担当アドバイザーがダメな場合は変える

3:エージェントは複数登録する

誰がどう見ても不利になる転職理由はエージェントにも話さない

転職エージェントは面談した際の話を

面接候補の企業と社内に共有します

なので、誰がどう見ても不利になる転職理由はエージェントに話さない方が良いです。

例えば、

今後フリーランスになりたいから踏み台にしたい

興味がなければ1年で退職するつもり

などです。

別に内心はどう思おうがどうだって良いんですが、 転職エージェントに伝えたところでプラスにはなりません。

もちろん鬱や周囲の人間関係などの転職理由は 一般的なので、転職エージェントに伝えた方がいいです。

担当アドバイザーがダメな場合は変える

人間同士なので、担当アドバイザーが合わなければ変更する事も必要です。

私も過去アドバイザーを変えた事があります。

その人に言いづらい場合はその転職エージェントのHPの フォームから変更したい旨か代表電話で連絡すればいいと思います。

そのアドバイザーの上司や他のチームの連絡先を知っているなら そこに連絡するのもありかと思います

エージェントは複数登録する

前述したとおり、合わないアドバイザーが発生した時などは アドバイザーの交代などで、転職が一旦中止されます。

これ時間の無駄なので、転職エージェントは複数登録することをお勧めしています。

全て利用は無料なので、本気で転職したいなら複数登録した方がいいです。

サイト内リンク:ITエンジニアに強い転職エージェント

以上になります。

その他関連記事

27歳から未経験で自社サービス会社のエンジニアに転職された方の勉強法や通学したプログラミングスクール

低単価で海外ノマドのフリーランスや旅するように仕事するのは危険

SES営業は早く辞めないと転職できなくなる|元法人営業で現役エンジニアが解説

前の記事
次の記事