Header
2020-05-23
2020-08-09

客先常駐SEから社内SEに転職する方法|現役エンジニアが解説

2020 05 22 109004 s

この記事を読んでいる貴方は

「客先常駐SEやSESで勤務しており、客先常駐を脱出したい」

「客先常駐以外の仕事をしたい」

と考えていると思います。

この記事では社内SEの仕事内容と、活かせるスキルや転職方法を紹介します。

コロナの影響でリモートワークが進み、社内のリモート環境整備と対応の為、社内SEにニーズが急増しています。

客先常駐のSEが嫌ならお勧めの転職先の職種です。


執筆者プロフィール

法人営業8年→人脈なし・非大卒・未経験からエンジニア(約2年半)→個人事業主のエンジニア(約10ヶ月)→法人化した人 5次受け下請けSES経験あり


客先常駐エンジニアから社内SEに転職する方法

客先常駐エンジニアから社内SEに転職する方法は、転職エージェントに登録するしかありません。

ただ、残念ながら貴方が社内SEに転職できるかは、貴方の業務内容が市場から評価されないと厳しいです。

その為、現状の市場価値を調べる為、具体的な転職時期が決まっていなくてもまずは相談ベースで転職エージェントに登録する事をお勧めします。

とりあえず情報収集で登録するなら、マイナビが1番でしょう。

マイナビに相談する

以下から客先常駐エンジニアを辞めたいと思う理由や社内SEの詳細を解説します。

客先常駐のエンジニアに社内SEをオススメする理由

客先常駐のSEへ社内SEをオススメする理由
  • 1:客先常駐SEやSESより利害関係者が少なく、社内調整がやりやすい
  • 2:勤務場所は変わらない
  • 3:社内繁忙期によりますが、基本定時で帰れる
  • 4:給料がそこそこ良い
  • 5:有給休暇を取りやすい
  • 6:客先常駐エンジニアで培った知識をそのまま活かせる

などです。

社内SEが存在する企業は比較的大手や優良中小企業なので、会社として安定しています。

冒頭で記載した通り、コロナの影響でリモートワークが進み、社内のリモート環境整備と対応の為、社内SEにニーズが急増しています。

ワークライフバランスも取れますし、長く務めることも可能なので、客先常駐エンジニアを脱出したいなら、

社内SEはかなりオススメです

ここまでで社内SEへの転職を検討している方は

マイナビに相談してみてください

マイナビに相談する

社内SEの仕事内容

社内SEの仕事は幅広いので、一概には言えませんが

・システム導入や業者選定・改修

・社内のネットワークインフラ構築

・社員PCの購入・ウイルスソフトのインストール

・社内で利用するツールの利用選定や解説

など本当に様々な事をやります。

基本的に上流工程しか行いませんので、コーディングなどは行いません。

その為、エンジニアとして、プログラミングスキルを磨きたい方には適さない職種です。

エンジニアとして、スキルを磨きたい場合は以下のような記事をご参照ください。

SESからの転職先を5次受けSES経験者が解説

SESから自社開発の会社に転職する方法|元5次受けSESエンジニアが解説

社内SEヘ転職する際に生かせる客先常駐エンジニアスキル

客先常駐エンジニアで培った活かせるスキルですが

・システム変更や改修時の業者や機器選定及び見積もり

・社内向けの説明文章作成

・社内調整や根回し

・インフラエンジニアの場合はインフラやネットワーク構築

・サーバサイドの場合は、社内サイトや会社HPの改修

などです。

社内SEと言っても、利害関係者は発生するので

客先常駐のエンジニアで培った調整スキルとITスキルは即活かせます

転職に迷ってる貴方へのアドバイス

正直迷ってるなら、転職エージェントに相談した方がいいです。

少なくとも自分の市場価値を判断できます

なんだかんだお金を重要視しない人でも

お金がないと生きていけません

市場価値が高い事が分かり、転職を決意できたら 具体的な転職活動をすればいいですし、

市場価値が低く、転職しても問題解決できないのなら 現職に留まればいいだけなので。

時間は有限です

迷っているなら、まずは転職エージェントに相談してください。

今後の努力の指標になります

以下お勧めのエージェント


社内SE転職ナビ

社内SE転職ナビ珍しい社内勤務エンジニア(非客先常駐開発)の専門転職媒体です

levtech

他の転職エージェントは客先常駐の求人も場合によっては紹介されるかもしれないが、

社内SE転職ナビは非客先常駐開発専門なので今、客先常駐のエンジニアやSESなどで働いている人は非常にオススメの転職サイトです

社内SE転職ナビに相談する

マイナビ

levtech

マイナビをお勧めするのは、

・地方でも相談に乗ってくれる

・求人情報量が多い

為です。

やはり大企業のネームバリューはかなり強く、総合的に対応できるのはかなりの強みです

実際エンジニアでマイナビで転職されています。

マイナビに相談する

ワークポート

workport

ワークポートをお勧めするのは、

・中堅ながら50万人の転職実績

・コンシェルジュのような1人1人に沿った提案

・全国エリアに対応

という点です。

また、ワークポートは私がエンジニア転職や営業時代お世話になりました。 私の知人のエンジニアもワークポートで転職しています。

IT業界専門なので、エンジニアからの社内SE転職だけでなくセールスエンジニアなどへのエンジニアを活かした、別職種の転職や提案にも乗ってくれます。

ワークポートに相談する

以上になります。

社内SEの転職でおすすめの転職エージェント|現役エンジニアが解説

あなたにお勧めの記事
前の記事
次の記事