Header
2020-05-25
2020-07-08

エンジニア転職限定|スカウト機能がある転職サイトを現役エンジニアが解説

2020 05 25 scout

執筆者プロフィール

法人営業8年→人脈なし・非大卒・未経験からエンジニア(約2年半)→個人事業主のエンジニア(約10ヶ月)→法人化した人

エンジニア歴は4年と6ヶ月〜

五反田もくもく会&勉強会の主催者

今回は現役エンジニアの私がスカウトメインの転職サイトを解説します。

ジャンプできる目次


LAPRAS(ラプラス)

QitaやGitHubで情報発信をしている人向けです

LAPRAS(ラプラス)これは、2019年くらいから口コミで広がった転職サイトですね。

貴方が登録した

1:GitHubのリポジトリ

2:Qita

3:teratail(テラテイル)

4:connpass

からAIが

個人のポートフォリオを自動生成して、スコアリングしてくれます。

平均より高いスコアや、他者に負けない何かがあればスカウトも受信できます。

前段で記載した通り、様々な媒体で情報発信をしている人が有利なので、

各種媒体で情報発信をしていないが、業務内容に自信がある人は 転職ドラフトをお勧めします。

サイト内の転職ドラフト記事へジャンプ

転職ドラフト

転職ドラフトは毎月1回開催され、企業が自分に入札していくので、実力によっては高額の入札も発生します。

転職ドラフトでもQitaやGitHubの連携は可能ですが、 経験した職務履歴を記載する部分が多数あり

貴方の経験業務に評価されれば、高額入札される方は市場価値が高いです

実際私は過去転職ドラフトで1000万オーバーの指名を受けています。

関連記事

転職ドラフトの感想|1000万オーバーの指名を受けた

Forkwell Scout(フォークウェルスカウト)

Forkwell Scoutはエンジニアへの一斉配信スカウトを禁止されています。

その為他のサイトよりもスカウトの件数は少ないです

しかし、自分にスカウトが来るときはかなりプロフィールを読まれている傾向が強く、面接でも話がスムーズでした。

これは他のスカウト系転職サイトや一般的な転職エージェントと併用して利用する事をお勧めします。

Findy(ファインディ)

こちらも2018年くらいから割とよく聞く、エンジニアの転職サイトです。

Findyはフォークウェルや転職ドラフトよりスカウト(いいね)の数が圧倒的に多いです。

また、GitHubを連携すると偏差値を算出してくれるので他のエンジニアと比べて相対価値が分かります。

そもそもスカウトを受けると内定しやすいのか?

これはですね。

スカウトは内定しやすいですが、

普通に落選する事の方が多いです

落選理由は

・面談などで企業が求める能力がなかったり

・社風が合わなかったり

など様々ですが、

間違っても上から目線で、カジュアル面談や面接をしないようにして下さい。

カジュアル面談ならまだしも、

面接でスカウトを受けたから 来ました

という方が普通にいます。

流石にこれだと落選になります。

スカウト系サービスを利用する際の注意点

紹介した全てのサイトでは、

自分自身で、サイトへ魅力的な職務経歴書を記載し、

自分自身で各面接対策を行い

自分自身でスケジュール調整を行う必要があります。

ぶっちゃけどんなに外部発信をしていても

魅力的な職務経歴書を記載できなければ

スカウトは来ません。

書き方が分からないや

面接が苦手な人は

上記のようなスカウトサービスを併用しつつ

転職エージェントでも転職活動を行うことをお勧めします

転職エージェントでは求人紹介の他に

職務経歴書の作成や添削

面接対策

を行ってくれます。

スカウト系サービスはよっぽどでない限りは 大量にスカウトは来ませんので、

転職活動の志望先を集めるのにも最適です。

以下私のお勧めの転職サイト

ワークポート

IT業界・IT職種専門の転職エージェントのワークポート

workport

私は営業時代もエンジニア転職時代もお世話になった。

業界特化なので、話のレスポンスも早いし、知識も豊富 面接練習とかも周りのエンジニアでも割と評判が高かった 高齢のエンジニアでも ワークポートで転職してるので、 貴方の年齢に関わらず相談に乗ってくれると思う。

レバテックキャリア

割とここ最近で急成長している会社のがレバテックキャリア

levtech

転職エージェントというよりは、フリーランスのエージェントの方が強いイメージがあるかも

私は過去フリーランス成り立ての時は レバテックを利用した事が、担当が若く 案件量がめっちゃ豊富だった。

個人的なイメージだが年収や給与部分へのフォーカスが多いかな。

確かに高収入系の求人が多い

あまり出ないスタートアップの求人とかも合ったりする 掘り出し案件があると思う。

マイナビ

levtech

まぁ、 マイナビはIT系のエージェントなら1番大手かな

何より他の企業より企業の情報量が多い

その為スタートアップではないが、創業が長くて隠れた中小企業の求人も出てくる場合もある。

あなたにお勧めの記事
前の記事
次の記事