Header
2020-06-22
2020-07-03

社内SEが人気の理由|現役エンジニアが解説

2020 06 22 good s min

この記事では

社内SEが人気の理由と

社内SEへ転職する際に、知っておくべき注意点

社内SEへの転職方法

を現役エンジニアが解説します。


執筆者プロフィール

法人営業8年→エンジニア(約2年半)→個人事業主のエンジニア(約10ヶ月)→法人化した人 現役のシステムエンジニア


社内SEが人気の理由

1:ワークライフバランスが取れる

2:会社が安定している

3:成果が分かりやすい

4:上流工程に関われる

もちろん会社によりますが、上記のような理由で社内SEは人気です。

順に説明していきます。

ワークライフバランスが取れる

客先常駐開発やSESのエンジニアなどと比べて、社内SEは ワークライフバランスが取りやすい職種です。

業務の調整事は社内ですし、社内SEを設置できるのは中堅〜大企業が多い為、企業の残業管理もしっかりしています。

もちろん深夜リリース対応なども存在しますが、繁忙期ではない場合は、定時で帰宅できる事も多い職種です。

また、利害関係者は社内と協力会社だけなので業務のプレッシャーも少なく、スケジュールも調整しやすいので精神的な余裕も取れます。

会社が安定している

社内SEを設置できるのは中堅〜大企業が多く、大企業や大企業の関連会社場合が殆どです。

財務的にもしっかりしている企業が多く、福利厚生も整備されています。

成果が分かりやすい

自分が企画したシステムが、社内や関係する社員に利用されるので自分の仕事の成果が目に見えて分かります。

もちろん失敗した場合は、直接批判を受ける事もありますが それでも目に見えて、成果が見えるのでその点についてやり甲斐を感じ社内SEに魅力を感じるという点です。

上流工程に関われる

一般的にSEは設計や要件定義の業務、上流工程に関わる方が、市場的にも求められています。

ただ、大規模開発については上流工程に関われる人数も少なく、 自信が下請け会社の所属の場合は、その業務を希望しても、会社の力関係から対応できない場合もあります。

社内SEは、ほぼ上流工程に関わるので、上流工程に関わりたいエンジニアに人気になっています。

社内SEの転職で、知っておくべき注意点

1:技術を深掘りできない

2:ITリテラシーが低い社員とも仕事をする

3:何でも屋になる

4:第二新卒以外は技術力の証明が必要

という点です。 順に説明します。

技術を深掘りできない

一般的なエンジニアは技術を深掘りできますが、 社内SEの場合は上流工程のみで、コードを書く仕事は行いません。

また利用技術についても、枯れた技術を利用するのでモダンな技術を利用したいと思っても中々社内承認が降りないので、 利用する事もできません。

技術を深掘りしていきたいエンジニアの方には、社内SEは不向きです。

ITリテラシーが低い社員とも仕事をする

ITリテラシーが低い社員とも会話しなければならず、 技術用語を出すと、相手が不機嫌になったり会話が噛み合わない場合が発生します。

ITリテラシーが低い社員でも、貴方が分かりやすく説明しなければ相手には何も伝わりません。

ITリテラシーが低い人と会話する事にストレスを感じる場合は 社内SEが辛い仕事になります。

何でも屋になる

社内のITのヘルプデスクからシステム設計まで幅広く行いますので、自分のメインの仕事はこれです。 と言い辛い事もあります。

第二新卒以外は技術力の証明が必要

第二新卒の場合は、未経験からでも社内SEに転職可能です

しかし第二新卒以外はエンジニアとしての職歴が必要で

さらに、貴方の技術力を証明する必要があります。

各社によって、求める人材は変わるので、技術力は応募しようとしている企業毎に変更する必要があります。

社内SEに興味があるなら

社内SEは転職エージェント経由の採用が殆どです。

社内SEに興味があるなら、具体的に転職しようと思っていなくても、各種転職エージェントに相談して市場価値と貴方の相対的な技術力を判断してください。

そうしないといざ転職しようと思った際に、貴方の技術力と市場価値が低い場合は、社内SEに転職できないからです。

社内SEは人気職です。

その為、社内SEに興味がある段階で転職エージェントに相談してください。

社内SEへの転職に強いエージェント

ランキング 転職エージェント 概要
1位 社内SE転職 非客先常駐専門媒体なので、社内SEの求人も豊富
2位 マイナビ 総合転職サイトなので、必ず登録した方がいい
3位 レバテックキャリア 福岡や関西も対応でき、エンジニア界隈ではかなり有名な転職エージェント

社内SE転職ナビ

levtech

社内SE転職ナビをお勧めするのは、

・非客先常駐の求人に特化

・キャリアカウンセラーの対応が細かい

・20〜40代まで対応可能

からです。ただ、専門媒体であるため提案求人数は絞られるので他媒体との併用をお勧めします。

社内SE転職ナビに相談する

マイナビ

levtech

マイナビをお勧めするのは、

・地方でも相談に乗ってくれる

・求人情報量が多い

・スタートアップから上場企業まで企業規模も問わない

・元エンジニアのキャリアカウンセラーも存在する

為です。

やはり大企業のネームバリューはかなり強く、総合的に対応できるのはかなりの強みです

実際多数の現役エンジニアが、マイナビで転職されています。

ただ、キャリアカウンセラーの当たり外れがあるという声も聞きますので、他の転職エージェントに並行して登録する事もオススメします。

マイナビに相談する

レバテックキャリア

levtech

レバテックキャリアをお勧めする理由は

・関東、関西、福岡に対応

・若手〜30歳までに強い

・圧倒的な知名度

点になります。

レバテックキャリアは運営会社のレバレジーズになり、 電車広告やWeb広告などで見かける事があるかと思います

レバテックキャリアは大阪や福岡でのエンジニア転職も対応できているので、主要地域での転職支援も可能ですし、

圧倒的な知名度と強い営業力があり、掘り出し求人が存在します。

レバテックキャリアに相談する

以上になります。

あなたにお勧めの記事
前の記事
次の記事