Header
2020-07-14
2020-09-20

エンジニアの市場価値を決める要素と市場価値の診断方法

2020 07 14 money

今回は採用経験のある現役エンジニアが、エンジニアの市場価値を決める要素と市場価値の診断方法解説します。

この記事を読めば、自分の市場価値を判断する方法を理解でき、 未来に向かって行動できるようになります。


執筆者プロフィール

法人営業8年→エンジニア(約2年半)→個人事業主のエンジニア(約10ヶ月)→法人化した人 現役のシステムエンジニア


市場価値を決める要素

市場価値を決める要素は以下になります

市場価値を決める要素
  • 1:経験業務と年数
  • 2:要件定義やマネジメント経験
  • 3:資格
  • 4:過去の体験・経歴
  • 5学歴(20代まで)

経験業務と年数

経験業務と年数は、1番市場価値を決める要素になります。

所謂要件定義や、外部設計、PMなどの経験はもちろん市場価値が上がりますし、逆にテスターやネットワーク保守、キッティング だけの経験だと市場価値は上がりません。

また、どのような業務であれ、大体は1年以上経験していると、職務経歴書や面接などで、その経験業務として前面に出せます。

以下では経験していると市場価値が高まる業務を記載します。

サイト内ジャンプ:サーバサイド

サイト内ジャンプ:インフラ

サーバサイド

サーバサイドで経験していると、市場価値が上がりやすい業務は以下です。

サーバサイドで経験していると市場価値が上がる業務
  • 1:大量アクセスがあるor大量のデータ取得が必要なサービス開発経験
  • 2:AI開発・ビッグデータ解析
  • 3:古いコードのリプレイス経験

大量アクセスがあるor大量のデータ取得が必要なサービス開発経験

経験言語やサーバ、スマホ開発問わず、大量アクセスがあるサービスや大量データの取得が必要なサービスは、職務として経験しておかないと、再現性を出せない業務です。

その為こう言った経験は属人的な為、市場価値が上がりやすくなります。

AI開発・ビッグデータ解析

AI開発・ビッグデータ解析はは対応できる人間がまだまだ少ないので、希少なので、市場価値が上がりやすくなります。

古いコードのリプレイス経験

自社サービスの会社でも、Rails2で動いていたり、EOLしているコードで動作しているサービスは普通に存在します。

そう言ったコードを最新のコードにリプレイスするプロジェクトなどもあり、こちらも経験がモノを言うので、経験していると市場価値が上がります。

インフラ

インフラで経験していると、市場価値が上がりやすい業務は以下です。

インフラで経験していると市場価値が上がる業務
  • 1:高負荷・大量アクセス環境のインフラ構築・保守
  • 2:高セキュリティ環境のインフラ構築・保守

高負荷・大量アクセス環境のインフラ構築・保守

物理・仮想・クラウド問わず、大量アクセスがあるインフラ環境を構築・保守した経験は市場価値が上がります。

昨今はインターネットの高速化で高速で、大量データにアクセスできるようになり、インフラの重要性も向上しています。

サーバサイドと同様に、こう言った経験は属人的な為、市場価値が上がりやすくなります。

高セキュリティ環境のインフラ構築・保守

高セキュリティ環境のインフラ構築・保守経験はかなりプラスになります。

こちらも属人的な為、市場価値が上がりやすくなります。

要件定義やマネジメント経験

こちらは言わずもがなでしょう。

エンジニアは要件定義やマネジメント業務をやりたがる方がいないので、経験しているとプラスになります。

経験していなくてもマイナスにはなりませんが、30代で会社から要件定義やマネジメント業務を求められ始めます。

資格

資格は市場価値の要素となります。

資格自体は重要ではありませんが、保持していれば、前向きな努力指標としてプラスになります。

過去の体験・経歴

過去の体験・経歴は市場価値の要素になります。

書き方は難しいですが、過去珍しい体験や、他人があまり歩んでいない経歴の場合はプラスになります。

学歴(20代まで)

20代までなら、学歴は市場価値を判断する要素となり、、市場価値が高まります。

30代以上は実績を求められますので、実績があれば、学歴がなくても、要素としては見られません。

市場価値を判断できるサイト

では、具体的に市場価値を判断しようとした場合は、以下のような転職サイト・エージェントで市場価値の判断が可能です。

こう言ったサイトやエージェントは、転職活動を行う前に登録し、市場価値を判断しないと、希望の企業に転職できなくなります。まずは、時期が確定していない段階で、登録してみてください。

市場価値を判断できるサイト
  • 1:paiza(パイザ)
  • 2:Findy
  • 3:各種転職エージェント(マイナビ・レバテックキャリア )

paiza(パイザ)

paiza(パイザ)は競技プログラミングのように、ランクに沿ったお題があり、そのお題を回答していくと、ランクが上がり、ランクに応じてスカウトが送られてくるサービスです。

大体Aランクまで取得すれば、自社開発の会社からスカウトが送られてきます。

paizaのスキルチェックの難易度|各ランクの特徴・ランクアップのコツを現役エンジニアが解説

Findy

Findyはダイレクトリクルーティングの転職サイトですが、GitHubのリポジトリから相対的な年収を判断してくれます。

また、様々なダイレクトリクルーティングサイトの中で圧倒的にスカウトが来るのでお勧めです。

GitHubのリポジトリで草を生やせていないなら、あまり有用なサイトではありません。

各種転職エージェント(マイナビ・レバテックキャリア )

転職エージェントは転職を決心していないタイミングでの市場価値の確認でも利用可能です。

また、職務経歴書も適切に記載しないと書類選考で落選しますので、そう言った経歴書の書き方の指南もしてくれます。

マイナビ

levtech

マイナビをお勧めするのは、

・地方でも相談に乗ってくれる

・求人情報量が多い

・スタートアップから上場企業まで企業規模も問わない

・元エンジニアのキャリアカウンセラーも存在する

為です。

やはり大企業のネームバリューはかなり強く、総合的に対応できるのはかなりの強みです

とりあえず、相談したい と思った場合はマイナビが1番です。

マイナビに相談する

レバテックキャリア

levtech

レバテックキャリア

・若手〜30代前半までに強い

・圧倒的な知名度

点になります。

レバテックキャリアは運営会社のレバレジーズになり、 電車広告やWeb広告などで見かける事があるかと思います

レバテックキャリアは大阪や福岡でのエンジニア転職も対応できているので、主要地域での転職支援も可能ですし、

圧倒的な知名度と強い営業力があり、掘り出し求人が存在します。

レバテックキャリアに相談する

以上になります。

具体的な転職方法や考え方は以下をご覧ください。

現役エンジニアが選ぶおすすめ転職エージェント|50人の成功例から比較

SIerエンジニアの転職先は?|現役エンジニアが解説

SESから自社開発の会社に転職する方法

社内SEへの転職成功事例

社内SEの転職でおすすめの転職エージェント|現役エンジニアが解説

あなたにお勧めの記事
前の記事
次の記事