Header
2020-08-03
2021-06-10

週1から参画可のエンジニアの副業案件サイト

2021 06 09 5021182 s min

  • 週1からなら副業できる
  • 週1でとりあえず副業してみたい
  • という方に、週1から参画できる副業を紹介している案件サイトを紹介します。

    こちらは現役のエンジニアを対象としています。

    未経験の方は低単価で海外ノマドのフリーランスや旅するように仕事するのは危険をご覧ください


    執筆者プロフィール

    法人営業8年→エンジニア(約2年半)→個人事業主のエンジニア(約10ヶ月)→法人化した人 現役のシステムエンジニア


    週1参画の副業形態

    エンジニアやデザイナーの副業は基本的に時給稼働で、平日の夜や土日での週8h〜稼働で時給が¥2,000~¥5,000と言った形です。

    時給ではなく、1案件○円という形の副業も存在しますが、 完成責任を問われ、

    ・納期までに完成しない

    ・完成物が顧客の求める品質に達しない

    と損害賠償請求される事もあります。

    1案件○円という契約の場合、顧客が途中で仕様の追加をし納期が切迫してくるや、顧客が意図的にクレームをつけ、発注額を減額すると言う事が普通に発生します。

    そうなると本業にも影響しますので上記から、私はエンジニアの副業は、

    平日夜や休日の好きなタイミングで時給稼動の副業をお勧めしています。 時給稼働の場合は、大体がアジャイル開発なので完成責任は求められません。

    関連記事

    エンジニアの副業の探し方|要望毎に解説

    副業案件サイトに登録できる条件

    原則現在エンジニアとして活動している事が条件です。その為、SIer、SES所属やWeb系エンジニアが対象になります。

    募集要項として概ね開発経験が2年か3年以上必要になり、募集業務は様々ですが、週1参画なら現在経験している業務に近かったり、現在業務で利用しているプログラミング言語の案件に応募した方が、選考通過率は上がります。

    もちろん、経験言語は問われない案件も存在します。

    週1参画可能な副業案件紹介サイト

    週1参画可能な副業案件紹介サイト

    シュウマツワーカー

    シューマツワーカーは副業サイトでは割と有名です。

    案件としてはエンジニアの副業案件が多く、案件も

    ・インフラ

    ・サーバサイド

    ・フロント

    ・PM PL

    など幅広く取り扱っており、会社的には、エンジャパンとも業務提携しています。

    ただ、社長自身が2019年にウォンテッドリーの起業ヒストリーで、「架空の女性社員」名乗り営業メールを配信したら、エンジニアとの面談率が上がったと言って、エンジニア界隈で炎上しました。

    私自身の考えとして、この会社は舐め腐っているので、大嫌いですし、代表が上記の発言をしているので現在も本質は変わっていないと考えています。

    が、それは私個人の感想なので、貴方が興味があるなら登録した方がいいです。

    もちろん、毛色が合わない方は、登録しない方がよいかと。

    リモートビズ

    リモートビズはリモートワーク専門の副業やフリーランス向けのプラットフォームです

    週1案件もあるのですが、基本的に週2〜参画になります。

    週2と言っても、平日夜と休日対応できれば問題ないのと、リモート専門なので、地方在住でも問題なく、現職に余裕がある方はお勧めします。リモートビズは割とお勧めではあります。

    クラウドテック

    クラウドテックは主にフリーランス向けの案件サイトなのですが、

    週1参画可能な、副業案件も存在します。

    案件数は少ないので、クラウドテックを利用しつつ他の案件サイトも並行登録する事をお勧めします。

    KROW

    KROWはハイスキル人材の副業支援を行っている会社で、

    ・Sier出身のプロマネ経験者向けのプロジェクト進行のアドバイザー案件

    ・データサイエンティスト向けの広告測定のコンサルティングなど、

    上記のようなコンサル的な副業案件が存在します。

    こう言ったコンサル系の案件は他のサイトにはなく、Web系エンジニアだけでなく、SIer系の企業へ勤めている方向けの副業も存在します。

    エンジニアが週1で副業するメリット

    エンジニアが週1でも副業するメリットは以下3つ存在します。

    1:スキルアップ

    2:転職先の候補となる

    3:お金を稼げる

    1番のメリットはやはりスキルアップです。

    スキルアップ

    週1参画ですと、実際の稼働は週8時間や週10時間となりますが、それだけの稼働時間でも、副業先の

    ・サーバー構成

    ・デプロイ方法

    ・コーディング規約

    ・実装順位の決め方

    など現職と全く違う価値観や技術観点に触れる事ができます。

    自社と全く違う方針や規約に触れることになるので、これは非常に有益で、自分のスキルアップや自社のシステム開発に反映する事が可能になります。

  • サイト内ジャンプ: 週1参画可能な副業案件紹介サイト
  • 転職先の候補となる

    週1参画した後に、数ヶ月経過すると、その会社の

    ・仕事の仕方

    ・指示の仕方

    ・どういうエンジニアが評価されるか

    などが明確になってきますので、ご自身が問題なければ転職先の候補とすることも可能です。

    実際仕事の仕方が分かっているので、参画後もスムーズに仕事できますので、こちらは非常にメリットがあります。

    お金を稼げる

    時給が3千円で1ヶ月40h稼働などの場合は、

    毎月12万円の収入アップになります。

    これは非常に大きい収入ですし、業務で利用する書籍や交通費などは経費としても換算できるので、収入と節税のメリットは非常に大きくなります。

  • サイト内ジャンプ: 週1参画可能な副業案件紹介サイト
  • 以上になります。

    関連記事

    ITエンジニアの副業方法は2種類存在する

    社内SEになるには|現役エンジニアが解説

    SESから自社開発の会社に転職する方法|経験者が解説

    SESからの転職先をSES経験者が解説

    プリセールス・セールスエンジニアとは

    客先常駐SESで働くメリット・デメリット

    SIerとは|現役エンジニアが解説

    SierとSESの違い

    SESを辞めたい|考えるべき事を元SESエンジニアが解説

    SESとは?|元客先常駐SESエンジニアが解説

    エンジニアへおすすめの転職エージェント|50人の成功例

    技術力がないSEやITエンジニアの転職先

    SESやめとけ?やめとけの理由や危ないSES会社を解説

    あなたにお勧めの記事
    前の記事
    次の記事