Header
2020-07-23
2020-07-28

ITエンジニアの副業方法は2種類存在する

2020 07 23 3188178 s min

ITエンジニアで副業をしたいという方は多数存在すると思います。

しかしITエンジニアの副業には制作していくら、時間を提供していくらという2種類存在しますので、その違いと概要を解説します。

ITエンジニアの副業形態

ITエンジニアの副業形態は

・システムやサイトを制作完了して報酬をもらう副業

・時間を提供して報酬をもらう副業

の2種類が存在します

制作完了して報酬をもらう副業

こちらは、1番イメージしやすい副業形態かと思います。 契約形態は請負契約となります。

内容としては、

・WebサイトやLPを制作して○円 

・システムを制作して○円

などと言った形です。

こちらは対外的なポートフォリオの作り込みや低単価で受注して実績を積む事で、受注できますので現職の職務経歴を問われない場合が多いです

もちろん現職で、Webサイト制作やプログラミングを行っている方がプラスになります。

制作完了して報酬をもらう副業の場合の案件サイト

以下のようにクラウドソーシングサイトを利用する方が非常に多いです。

主なクラウドソーシングサイト

・クラウドワークス

・ランサーズ

制作完了して報酬をもらう副業の場合の報酬

案件サイトを利用した場合は、報酬としては数千円~数万円といった形で、大体は10万未満の案件が多いです。

ただ、契約形態は請負契約となりますので、完成しないと報酬が発生しませんし、質の悪い顧客だと報酬を踏み倒したり、要望をコロコロ変える場合もあり、交渉力と調整力が必要になります。

特に案件サイトは、自分で納期や要望を調整しないといけませんので、軽い気持ちで受注すると痛い目にあるかもしれませんので、注意が必要です。

時間を提供して報酬をもらう副業

こちらは自社開発を行っている企業のサービスを土日や平日の夜に、開発する副業形態です。

※契約形態は準委任契約。

条件としてWeb系のエンジニアで、PM経験かPHPやPython RubyやFlutterなどのコーディング経験を行っている事が必須です。

その為未経験社やSESやSIerのエンジニアは対象外になる事が多いです。

時間を提供して報酬をもらう副業の案件サイト

副業マッチングサイトとして以下があります。

ITプロパートナーズ

シューマツワーカー

KROW

時間を提供して報酬をもらう副業の場合の報酬

大体は、稼働見合いで時給2,000~3,000と言った形です。

土日と平日夜の稼働で○時間 稼働必須と言った形になります。

こちらは案件サイトを介して登録すれば、報酬形態や稼働時間の交渉は自分で行わなくていい為、楽です。

また、登録企業もちゃんとした企業が多いので、報酬を踏み倒されると言ったこともありません。

ただ、時給見合いなので、契約時間は拘束されます。

SES・SIerのエンジニアで副業したいと思うなら

個人的に、SES・SIerのエンジニアで副業したいと思っているなら、土日に勉強して自社開発の企業へ転職した方が、後々の市場価値は向上すると思います。

SES・SIerから自社開発の企業へ転職するにはSESから自社開発の会社に転職する方法|元5次受けSESエンジニアが解説をご覧ください。

以上になります。

あなたにお勧めの記事
前の記事
次の記事