Header
2020-07-24
2020-08-04

エンジニア転職でエージェントと転職サイトの違いを解説

2020 07 24 3138478 s min

この記事では、エンジニアで

・転職を考えている

・市場価値を知りたい

・転職サイトやエージェントの違いを知りたい。

と言う方に、エンジニア転職でエージェントと転職サイトの違いを現役エンジニアが解説します。

エンジニア転職で転職サイトと転職エージェントの違い

エンジニア転職でエージェントと転職サイトの違いは、以下になります。

転職サイト 転職エージェント
応募先企業の選定 自分で行う エージェントが提案
面接日程 自分で行う エージェントが調整
条件交渉 自分で行う エージェントが調整

ご覧いただくと分かる通り、転職サイトは応募先の選定や面接日程の調整や条件交渉全て自分で行う必要があります。

一方転職エージェントはそう言った部分を代行してくれます。

もちろん転職エージェントは入社先から、年収の何割かを売り上げとして受領しますので、ボランティアではないです。

転職サイトで転職成功出来る人

転職サイトで転職成功出来る人は、以下のような形です。

転職サイトで転職成功出来る人の特徴
  • 1:職務経歴書へ企業毎に自己PRを考えられる
  • 2:大手企業でエンジニアとしての実績がある
  • 3:技術的なアピールポイントがある
  • 4:ビジネスコミュニケーションが出来る

上記の通り、市場価値が高い技術的に優秀なエンジニアか自分のアピールポイントを理解し、企業と一般的な交渉が出来るエンジニアが、転職サイトで希望企業への転職に成功しています。

そう言った方は転職エージェントは利用せず、転職サイトのみで活動されています。

逆に市場価値が平均値や、自分のアピールポイントが曖昧な方は転職サイトで転職活動を行っても、希望の企業へ転職し辛いので注意が必要です。

転職するなら併用する

上記から、転職を考えているなら転職サイトと転職エージェントを併用する事をお勧めします。

最近では元エンジニアが転職エージェントを行っている場合もありますので、適切な職務経歴書の書き方のアドバイスから面接練習の相手もしてくれます。

また、転職サイトで希望の企業から内定を得れなくても、エージェントは貴方の要望を聞いて別企業の提案や、本当の要望を叶える企業を提案してくれるはずです。

それでは、以下から主要な転職サイトと主要な転職エージェントを解説します。

主要な転職サイト

主要な転職サイト
  • 1:転職ドラフト
  • 2:Findy
  • 3:LAPRAS
  • 4:ウォンテッドリー

主要な転職エージェントこちら

転職ドラフト

転職ドラフトは文字通り、自分の登録した経歴を元に、企業が自身へ入札していくサービスです。

こちらは市場価値が平均以上でないと、ドラフトに出場できても、入札なしの場合もあるので、まずは腕試しで出場するのもお勧めします。

関連記事

転職ドラフトの感想|1000万オーバーの指名を受けた

Findy

Findyは転職ドラフトと同じような転職サイトですが、GitHubのリポジトリから相対的な年収を判断してくれます。

紹介した転職サイトの中でも、1番スカウトの量が多いです。

アウトプットを出していれば、評価されやすいので、業務外で開発を行っている方にお勧めです。

LAPRAS

LAPRAS(ラプラス)は登録したGitHubやQitaのアカウントからAIが技術力やビジネス力を診断し、スカウトが配信されてくるサイトです。

2019年くらいから盛り上がってきていますが、スカウト量はFindyの方が多いです。

ウォンテッドリー

ウォンテッドリーはスタートアップ~中小企業が登録している転職サイトです。

エンジニア特化ではないので、GitHubを登録して技術力を診断する と言った機能は存在しません。

こちらは職務経歴書を適切に書けないと、求人に応募しても無視される場合もあります。

また、ウォンテッドリーでスタートアップ系の企業へ転職する場合で、内定後に初回の提示条件と違う場合も確認されており、自分で色々な交渉が出来る方でないと、火傷する可能性があるのでご注意ください。

主要な転職エージェント

エンジニア転職で、主要な転職エージェントは以下になります。

転職エージェント名 概要/居住地域・対象年齢
マイナビ 総合転職サイトなので、必ず登録した方がいい
全国・全年齢
レバテックキャリア 福岡や関西も対応でき、エンジニア界隈ではかなり有名な転職エージェント
東京/大阪/福岡/名古屋・30代前半まで
社内SE転職ナビ 非客先常駐の専門の転職エージェント
関東/関西・全年齢
TechClips 現役エンジニアがキャリアカウンセラーを行っている
首都圏・全年齢

マイナビ

levtech

マイナビをお勧めするのは、

・地方でも相談に乗ってくれる

・求人情報量が圧倒的多い

・SESから自社開発やエンジニアからITコンサルなど、違う職種への転職も提案してもらえる

為です。

やはり大企業のネームバリューはかなり強く、総合的に対応できるのはかなりの強みです

上記からマイナビは必ず登録するエージェントとしておすすめです。

マイナビに相談する

レバテックキャリア

levtech

レバテックキャリアをお勧めする理由は

・関東、関西、福岡に対応

・主要都市でのエンジニアへの圧倒的な知名度

点になります。

レバテックキャリアは運営会社のレバレジーズになり、 フリーランスエージェントのレバテックで電車広告やWeb広告などで見かける事があるかと思います

レバテックキャリアで転職された方の口コミでは、

レバテックキャリアは成長中の中堅企業に特に強いエージェントで、技術的にも事業的にも面白い企業を提案してもらえるとの事です。

技術的なチャレンジや成長中の企業で、勤務したいエンジニアへ特におすすめです。

レバテックキャリアに相談する

社内SE転職ナビ

levtech

社内SE転職ナビをお勧めするのは、

・非客先常駐の求人に特化

・キャリアカウンセラーの対応が細かい

・20〜40代まで対応可能

五反田もくもく会に参加された方で、

・SES→社内SEへの転職

・SES→自社開発への転職

で利用され実際に転職されました。

ただ、提案求人数は、他の媒体より少なくなる傾向があるので、他媒体との併用をお勧めします。

社内SE転職ナビに相談する

TechClips

TechClipsエージェントは現役のエンジニアが、キャリアカウンセラーをしているので、キャリアから技術的な相談から乗ってくれるのでオススメです。

あるエンジニアの方は、SESからの自社開発の転職時に技術的なスキルアップを行いたく、要望を伝えた所

自分のポイントにささる提案を行ってくれたとのことです。

特に技術的なスキルアップを求めて、転職する際におすすめの転職エージェントです。

TechClips

TechClipsに相談する
あなたにお勧めの記事
前の記事
次の記事