Header
2020-07-29
2020-07-29

エンジニアの副業の探し方|要望毎に解説

2020 07 29 2615001 s

今回は現役エンジニアの要望別に、副業の探し方と具体的な案件サイトを紹介します。

なお対象読者はSES・SIerを含めた現役のITエンジニアが対象です。

月15万以上稼ぎたい

この場合は、「クラウドワークス」などのクラウドソーシングサイトで、ワードプレスやLP作成などをコンスタントに受注できれば月15万は稼げます。

ただ、コンスタントに受注するには、技術力より営業力が必要なので実際は結構努力する必要があります。

もちろん無理なわけではありませんが。

また、素行の悪い企業もいるので、どういう企業と取引するかの視点も重要です。

・料金を踏み倒す

・オレオレ理論で怒る

・要望を毎回変える

などを行う企業も普通に存在します。

クラウドソーシングサイトは、あくまで発注者と受注者のマッチングですので、企業側の質の担保はなかなか難しいんですよね。。。

さらに、請負契約の場合、顧客の要望するサイトを作成できなかったら普通に訴訟されます

やはりコンスタントに稼ぐにはリスクがあるので、月15万以上稼ぐとなると、こう言ったリスクを許容できるかという部分が強いです。

私はWeb系エンジニアの場合は、準委任型のサイトで副業する事をお勧めします。

上記を含めて興味があれば、以下のクラウドワークスでサイト制作系の案件を見てみてください。

エンジニアとしてスキルアップしたい

仕事として対応できない技術や触ってみたい技術などがあれば、副業で対応可能です。

アジャイル開発経験があれば、未経験のプログラミング言語でもチャレンジできる案件などもありますし、現在仕事としてPM寄りなので、コードを書きたいと思ったら、副業でコードを書く案件に参画する事も可能です。

また、案件は少ないですがSIerやSESのエンジニアでも製造経験が二年以上あれば、参画できる案件もあります。

特にAndroidアプリの副業で、Java経験者を募集している場合などです。

この副業形態は、準委任形の契約形態で、

時給:○円

毎週土日や平日夜に最低稼働: ○h

などになります。

システムやサイトを作成して、いくら という形ではなく、 稼働時間見合いの副業が殆どです。

案件サイトは以下が有名なので、興味があれば検索してみてください。

ITプロパートナーズ

シューマツワーカー

KROW

関連記事

Web系エンジニアは転職する前に副業で参画するのもおすすめ

そこそこ楽に稼ぎたい

Web系エンジニア限定ですが、MENTAココナラ でプログラミングを教わりたい方と月額契約でメンターとして、稼働するのをお勧めします。

特に現役Webエンジニアの肩書きはかなり強みになりますし、月額報酬が入って来るのが魅力です。

ただ、質問について適切に回答しないといけませんし、教える側なので技術力より、わかりやすく解説する力も必要ですので、注意が必要です。

以上になります。

その他関連記事

ITエンジニアの副業方法は2種類存在する

現役エンジニアが選ぶおすすめ転職エージェント|50人の成功例から比較

あなたにお勧めの記事
前の記事
次の記事