Header
2020-08-06
2020-08-27

客先常駐のSESが帰社日を設ける理由

2020 08 07 775918 s min

この記事では、SESへ転職・就職する方に

帰社日の内容と、設定されている理由や参加しない事のデメリットを解説します。


執筆者プロフィール

法人営業8年→エンジニア(約2年半)→個人事業主のエンジニア(約10ヶ月)→法人化した人 現役のシステムエンジニア


そもそも帰社日って何?

SESは客先常駐が主なので、社員が同じ場所で働きません。

その為親睦を深める目的で月に1回飲み会を行う為に、帰社日が設けられています。

建前上は社員へ口頭で伝えたい事を伝えたえる場だったりしますが、まぁメインは飲み会です。

帰社日は楽しいのか

楽しんでいる人もいるとは思います。

しかし、飲み会で集まった場合に顔を知らない人がいたり、ほとんど会話しない人ばかりだと全く面白くありません。

というのも、客先に自分1名で参画しており、普段同僚と一緒に仕事をしていなかったり、過去一緒に現場に入っていた同僚でも、長期間顔を合わせていなかったら、赤の他人なので、話辛かったりしますし、会話も弾みにくいです。

そのような状況でも、自分の名義上の上司や社長・営業に愛想笑いをしないといけないので、楽しめる飲み会ではないです。

帰社は強制なのか

強制ではないのですが、帰社しないとデメリットの方が多いので、多くの方は参加されています。

まぁ、私は何かと理由を付けて殆ど帰社しませんでしたが、、、

帰社しない事のデメリット

帰社しない事のデメリットは

1: 社内人事考課が下がる

2:営業から嫌われて、良い案件に入れなくなる

3:同僚から陰で悪口を言われる

になります。

大体100人以上のSES企業なら、社員数が多い為、こう言ったデメリットは発生しません。

逆に社員数が少なくなると、誰が帰社していないか分かりやすい為、大きなデメリットが発生します。

社内人事考課が下がる

SESは客先常駐の為、自分の上司が同じ客先にいない場合もあり、自分の仕事ぶりを適切に評価しにくい業態です。

その為、飲み会などの社内行事で顔を知られていたり、一緒にいて楽しいと思われる人間である必要があります。

つまり評価要素が少ないので、こういった飲み会への参加率を人事考課にされています。

もちろん明文化されていません。

暗黙のルールです。

SESを経営している社長は、帰社しているかが人事考課へ反映されることはないと、否定している事もありますが、残念ながらある程度人事考課に反映されています。

営業から嫌われて、良い案件に入れなくなる

人事考課に関わってきますが、営業も顔を知っている人間の方が提案しやすいので、こういった飲み会に参加しない場合は、自分を良い案件に参画させてくれない可能性が高くなります。

これが非常に危険です。

営業が自分を売ってくれないと、社内失業状態になります。

まぁ、こういう事情があるので、勘違いしたSESの営業は偉そうなんですよね。。。。

社内でイキッてる人間になるのに誰も指摘してくれませんし。

同僚から陰で悪口を言われる

あいつはノリが悪いとか、一生懸命仕事している風だなど

その現場にいない人間が、悪口のターゲットになる場合があります。

風の噂で自分が悪口を言われていると伝わる事もあり、それで病むエンジニアもいます。

私は気にしていませんでしたが、気になる方は気になると思います。

以上になります。

SESへ転職・就職を考えている方は特に注意してください。

関連記事

未経験からエンジニアを目指す方向けの転職サイト|現役エンジニアが解説

技術力がないSEやITエンジニアの転職先

あなたにお勧めの記事
前の記事
次の記事