Header
2020-08-19
2020-09-10

客先常駐の楽しさとは

2020 08 20 1027177 s min

客先常駐の楽しさや客先常駐が楽しく感じる人の特徴を、元客先常駐SESエンジニアが解説します。


執筆者プロフィール

法人営業8年→エンジニア(約2年半)→個人事業主のエンジニア(約10ヶ月)→法人化した人 現役のシステムエンジニア 5次受け客先常駐SESを経験


客先常駐の楽しさ

客先常駐は楽しさは

1:色々な人に関われる

2:一体感が生まれる

3:色々な技術に関われる

となります。

以下から順に解説します。

色々な人に関われる

プロジェクトや商流によっては、関わる年齢や会社、役職が様々なので、色々な方と関われます。

またなぜか客先常駐の開発では、飲み会が多く工程終わりなどでは定期的に飲み会が発生しますので、自然と色々な方と会話する機会が発生します。

仲良くなれば、色々な経歴の方もいたり、意外な一面も見れたりします。

プロジェクト毎に現場が変わりますので、プロジェクトの数だけ関わる人も変わってきますので、これは楽しかったりします。

一体感が生まれる

客先常駐開発と言えば、決まった事をきっちり開発していくイメージですが、以外に交渉毎や調整事が多くなります。

元請けの無茶振りをどう捌くかなどもあるので、そう言った業務が終われば、自然と一体感が生まれます。

また、前述したとおり、定期的な飲み会が開催されるので、自然と一体感が生まれ現場が楽しくなります。

色々な技術に関われる

プロジェクト毎によって、利用する技術が変わってくるので、それを楽しく感じる方には非常に良いでしょう。

ある現場ではSQLを利用したサポート対応

ある現場では、設計からCOBOLを利用した製造など

様々な技術、工程に関われます、

ただ、利用した技術に一貫性がない場合は、市場価値が低くなるので、注意が必要です、

SESからの転職先をSES経験者が解説

客先常駐が楽しく感じる人の特徴

1:適用力がある人

2:自分の目指すキャリアが明確

3:ストレス耐性がある人

になります、順に解説します。

適用力がある人

客先常駐開発は、プロジェクトによって開発現場が変わりますので、その場その場でキーマンを探り、会話しなければなりませんし、その現場の暗黙のお作法を知らなければなりません。

その為、カメレオンのようにその現場、その現場で適用できる人は客先常駐開発が楽しく感じるでしょう

自分の目指すキャリアが明確

客先常駐開発はプロジェクト毎に利用技術や、業務内容が変わってくる為、自分の軸を持たないと、歯抜けのキャリア形成になる為、危険です。

逆にPMを目指したい、こう言う技術を学びたい など明確なキャリアが存在する方や、客先常駐は楽しいでしょう。

軸を持たないまま働くと、市場価値が低くなるので注意が必要です。

客先常駐が辛いなら転職するしかない|元客先常駐SEが解説

ストレス耐性がある人

プロジェクトが炎上したり、商流が深い場合は、自分ではどうしようもないトラブルに巻き込まれたり、覆せない業務が降りかかってきます。

こう言ったストレスに耐性が合ったり、寝れば気持ちを切り替えることができる方には客先常駐は楽しいはずです。

以上になります。

関連記事

客先常駐SESから脱出する方法|元SESエンジニアが解説

客先常駐SEから社内SEに転職する方法|現役エンジニアが解説

あなたにお勧めの記事
前の記事
次の記事