Header
2020-08-27
2020-08-27

客先常駐SESが常駐先から有給休暇を拒否されたら

2020 08 27 668765 s min

「客先常駐SESが常駐先から有給休暇を申請したが拒否された」

「常駐先が休みを認めてくれない」

などで悩んでいる方へ有給休暇や事前休身を拒否された場合の対応方法や、客先常駐SESである限り、今後も同じように休暇を拒否される事が必ず発生する という事を記載します。


執筆者プロフィール

法人営業8年→人脈なし・非大卒・未経験からエンジニア(約2年半)→個人事業主のエンジニア(約10ヶ月)→法人化した人 5次受け客先常駐SESの経験あり


そもそも常駐先が病欠や有給休暇を拒否できるのか

詳細は省きますが、常駐先の会社が自分の有給休暇や病欠などを、拒否する権限はありません。

有給は自社から与られる権利であり、常駐先から付与されていないので、貴方が申請した休暇・病欠・欠勤について常駐先が拒否するのは、法的にも認められません

いつでも有給休暇・病欠・その他休暇制度を利用していいのか?

では、いつでも有給休暇・病欠・その他休暇制度を利用していいのか?

という話ですが、法的にはいつでも利用して問題はありません。

※自社の所属会社が繁忙期などで、休暇取得日の変更を依頼する事は認められています、

が、仕事は結局人と人の繋がりなので、SESだろうが自社開発だろうが、社内調整・常駐先の調整もなく有給を取得するのは、あまりいい顔はされません。

逆の立場で考えてみてください、繁忙期に同僚が休暇を取得することによって、貴方の業務量が増えると貴方も嫌な気持ちになるでしょう。

その為マナー的には、休暇の2週間前くらいから伝えるべきでしょう。

また、明らかな繁忙期に、有給休暇を取得する場合も、早めに休む事を伝えておくべきです。

上記から、貴方が常駐先から有給休暇利用を拒否されている場合は、貴方が事前に常駐先へ伝えているかを考えてみてください。

休暇日から短い期間で、有給申請をすると、自社だろうが客先常駐だろうが普通の職場でも嫌がられますのでご注意ください。

常駐先から有給休暇を拒否された場合の対応方法

前述したとおり、休暇取得日の2週間前に申請したにも関わらず、拒否された場合は、一旦は自社の営業や上司に相談してみてください。

ここで、注意点は自社に相談したからと言って解決はしません。

まずは自社の対応を見る為にも、速やかに自社へ報告してください。

ここで、自社経由でも休暇を拒否された場合は、残念ながら手の打ち用がありません。不快に思うなら、転職するしかありません。

関連記事

客先常駐が辛いなら転職するしかない|元客先常駐SEが解説

現役エンジニアが選ぶおすすめ転職エージェント|50人の成功例から比較

また、拒否された後に休暇が認められても、常駐先からクビになる事もありますので、ご注意ください。

拒否された後に休暇が認められても常駐先からクビになる事も

常駐先の方からすれば、一度拒否された事を覆されるのは、自分のプライドを傷つけられて報復する事を考えるかもしれません。

そもそも、人間的にちゃんとしている方なら休暇を拒否する事もありませんし、、、、

SESの場合、下請けのエンジニアを実力不足でクビにする事が可能なので、休暇が認められても、喜んでいる場合ではない状況である事を御認識ください。

可能なら、常駐先を変更したい旨を自社に伝えるか、転職活動を行う事をお勧めします。

実際、非客先常駐特化の求人紹介サイト 社内SE転職ナビで、非客先常駐の転職先があるかも相談してみてください。

levtech

社内SE転職ナビに相談する

客先常駐SEやSESエンジニアのクビ事例

客先常駐SESである限り同じ事が必ず発生する

有給休暇や休もうとする際に、常駐先と自社の調整が必要な場合は、客先常駐SESである限り同じ事が必ず発生します。

今の現場が良くても、次の現場で発生する可能性もあり、これは客先常駐SESである限り宿命でしょう。

その為、貴方が有給休暇取得や病欠・欠勤などで不快な思いをしたなら、転職活動をお勧めします。

なぜなら転職活動は、転職しようと思う前に行動しないと、 いざ、転職したいと思った時に自分の市場価値が低いと、希望の転職先に転職できません。

その為、転職しようと思う前に、各種転職サイトと転職エージェントに登録し、自分の市場価値を確かめましょう

実際、非客先常駐特化の求人紹介サイト 社内SE転職ナビで、非客先常駐の転職先があるかも相談してみてください。

levtech

社内SE転職ナビに相談する

以上になります。

あなたにお勧めの記事
前の記事
次の記事