Header
2020-08-27
2020-08-28

1人の客先常駐が辛いなら転職かフリーランスで活動しよう

2020 08 28 839891 s min

「1人常駐で辛い」

「1人常駐が辛いので、転職したい」

という方へ転職先やフリーランスとしての活動もある という事を解説します。


執筆者プロフィール

法人営業8年→人脈なし・非大卒・未経験からエンジニア(約2年半)→個人事業主のエンジニア(約10ヶ月)→法人化した人 5次受け客先常駐SESの経験あり


1人常駐が辛い理由

相談できる人間がいない

これが一番の理由かもしれませんが、

1人常駐だと、トラブルはもちろんの事、技術的な部分で相談 できないのは非常に辛いです。

ベテランでも初歩的な事を忘れたり、知らなかったりするので その場合、他社に確認すると、自分の能力に疑問を持たれたりするので、同じ現場に自社の人間がいれば、そういった質問を聞きやすかったりします。

また、技術的な相談や上流にしたい根回しのやり方なども、 1人だと対応できない部分もあり、自分で考えて行動しなければならず、非常に辛いです。

上流の人間と合わないと辛い

上流代理店や協力会社と性格が合わないと、逃げ場がなくなるので、1人常駐は辛くなります。

特に仕事の仕方や指摘の細かさなどで考えが合致しないと、胃が痛くなります。

こういった時に自社の同僚がいれば、愚痴の一つも言えるのですが、1人だと自分で消化しないといけませんし。

転職かフリーランスで解決する事もある

客先常駐開発から自社開発の会社へ転職する

・自社開発の会社へエンジニアとして勤務する

・社内SEとして勤務する

・サポートエンジニアとして勤務するなど

様々な方法で、自社開発の会社へ転職する事が可能です。

自社開発の会社へ転職を検討するなら

非客先常駐開発の専門転職媒体の 社内SE転職ナビマイナビに登録して確認をしてみてください

社内SE転職ナビ levtech

社内SE転職ナビに相談する

マイナビ

levtech

マイナビに相談する

客先常駐開発からフリーランスとして活動する

フリーランスとして、Web系の自社開発へ参画するのも手です。

実質はSESと同じですが、フリーランスエージェントを利用すると商流が浅くなるため、相談しやすい環境になりますし、自分の裁量が広くなり、交渉事は楽になります。

フリーランスエージェントなら レバテックに相談してみてください。

levtech

レバテックは一番有名ですね

営業力があり、大規模から中堅企業の案件が多数あります。

案件量はかなり豊富

レバテックに相談する
あなたにお勧めの記事
前の記事
次の記事