Header
2020-08-31
2020-09-11

エンジニアの転職相談でよくある相談

2020 08 31 3207334 s min

この記事では、

私が主催する五反田もくもく会&勉強会で、現役エンジニアから受けた、よくある相談と回答を記載します。


執筆者プロフィール

法人営業8年→エンジニア(約2年半)→個人事業主のエンジニア(約10ヶ月)→法人化した人 元5次受けSESエンジニア


転職相談でよくある相談

転職相談でよくある相談は以下になります。

1:コードを書きたいので転職したい

2:SESから自社開発の会社へ転職する方法

3:給料を上げたい

4:現職でスキルが上がらない

順に解説します。

コードを書きたいので転職したい

コードを書きたくて転職したい場合の転職先は、

SESか受託or自社開発の会社へ、転職する事になります。

SESの場合は、コードを書ける会社もありますが、プロジェクトによるので、コードを書けるかは運である事と、35歳以降からはPMやPL的な能力を求められるので、

年齢によって、コードを書きたくても書けない状態になります。

単価として、PMとPLの方が高いですからね。。。

受託or自社開発の会社の場合は、SESの会社よりコードを書き続けるキャリアを歩みやすいです。

ただ、年齢によっては、SESと同様にPMやPLとしての能力を求められます。

確実に言えるならスタートアップへ転職すれば、コードを書き続けることは可能です。

サービスを開発してなんぼなので。

ただ、スタートアップの場合は、現職より待遇が低くなる可能性もあるので、どこまで年収を下げれるか というところを考える必要があります。

関連記事

スタートアップへ転職したいエンジニア向け|必要なスキルや転職方法

SESから自社開発の会社へ転職する方法

製造工程を三年経験していれば、転職可能な自社開発の企業もあります。

実際SES Sier経験者を積極的に採用している企業も多数存在しますので。

ただ、やはり、業務外の努力として、Web系の言語を利用しているかなども見られますので、業務外の努力を行っていて損はないでしょう

関連記事

SESから自社開発の会社に転職する方法

給料を上げたい

転職して給料を上げるには、

手っ取り早く同じ業界で、自社より大手の企業へ転職する事が1番です。

高い給料を出せるのは、儲かっている会社しかできないので。。。

例えば、

現職がSESなら上流のSESの会社orSierへ転職する、

現職がSierなら、ITコンサルの会社へ転職する

現職が自社開発企業なら、自社と同分野の大手or儲かっている業界の医療やネット広告分野の企業へ転職する

などです。

逆にSES→自社開発などの場合は、給料を上げることは難しいので、

給料を上げる事を優先するか

やりたい事を優先するか

を決める必要があります。

関連記事

SIerエンジニアの転職先を現役エンジニアが解説

客先常駐SESから脱出する方法|元SESエンジニアが解説

現職でスキルが上がらない

現職でスキルが上がらない場合は、業務外のプライベートで努力する必要があります。

エンジニアは便利な職種で、現職でスキルがなくても、業務外の努力が評価されます。

サーバサイドの場合は、ポートフォリオとpaiza

インフラの場合は、資格が重要になります。

また、現職のエンジニアとしての経験を活かしながら、

社内SEやサポートエンジニアなど、他の職種へ転職することもご検討ください。

実際こう言った職種の方が、給料や福利厚生などがいい場合が多いので。

関連記事

技術力がないSEやITエンジニアの転職先

プログラマーやエンジニアがスキル不足で転職出来ない時の対策

SESから自社開発の会社に転職する方法|経験者が解説

以上になります。

あなたにお勧めの記事
前の記事
次の記事