Header
2020-09-15
2020-09-15

客先常駐SESはブラックなのか?

2020 09 15 2192522 s min

客先常駐SESはブラックだと言われますが、

実際は常駐先によるので一概には言えません。

ではどういうSESがブラックになるかを元SESエンジニアが解説します。


執筆者プロフィール

法人営業8年→エンジニア(約2年半)→個人事業主のエンジニア(約10ヶ月)→法人化した人 元SESの現役エンジニア


なぜSESはブラックと言われるか

そもそもなぜSESはブラックと言われるかというと、 SESは低資本で始められ、人を派遣すれば毎月安定的な売上が発生する為、

素行の悪い企業が非常に多いです。

具体的にいうと

・手に職を付けようと思ってSESに就職したのに、業務はコールセンターでテレアポをさせる

・残業させる

・現場を変えたいと言っているのに、変えさせてくれない

・経歴を偽装し、出来ないことを出来ると言って、派遣させる

などを行う為、被害にあった方が声を上げている為です。

ちなみに上記例は全て実例です

実際被害に合わなかった方もいるので、そう言った方はSESを勧めています。

なお、私自身は5次受けのSESで現場に常駐しましたが、残業は月40hくらいで、そこまで残業時間はありませんでしたので ブラックではありませんでした。

仕事が楽しくないのと、仕事のコントロール範囲も狭い為、つまらなくてSESを辞めましたが。。。

以下からどういう会社がブラックSESかの傾向を解説します。

関連記事

SESとは?|元客先常駐SESエンジニアが解説

客先常駐SESからWeb系自社サービスのエンジニアに転職した実例

ブラックになりがちなSES会社

ブラックになりがちなSES会社は主に以下になります。

・ 未経験者採用が多い会社

・従業員の平均年齢が若い

・創業者が営業出身

未経験者採用が多い会社

未経験者採用が多い会社は、ブラックSESの可能性があります。

SESは業態的に、人を派遣すれば毎月売り上げが発生するので、 積極的に未経験者の採用を行っています。

未経験者の仕事は

・大規模開発現場でテスターを行う

・データセンターでネットワーク監視

などです。

この仕事は割と重要ですが、この仕事を1年以上続けても エンジニアとしては成長できません。

しかし、エンジニアを目指してSES会社へ就職したのに、 実態はテスターやネットワーク監視のみしか行わない会社もあり、そう言った会社ではエンジニアとして、スキル養えません。

しかし、転職も出来るほどの実力もありませんので キャリアの袋小路に陥ります。

こう言った未経験者採用が多い会社は、ブラックになりがちなので特にご注意ください。

関連記事

客先常駐のSESでずっとテスターで辞めた

運用監視オペレーターは早く辞めて転職しないとキャリアが詰む

職歴を作る為にSESへ就職しWebエンジニアへ転職は可能か

従業員の平均年齢が若い

若い人の方が、洗脳しやすいので、従業員の平均年齢が若い会社は特に注意です。

例えば、創業10年なのに、従業員の平均年齢が20代だと

給料が安い

スキルを付けることができない

可能性が高いです。

実際SESや自社開発問わず、エンジニアとして、ステップアップでき、給料もそこそこの会社は退職率が低いです。

その為、若い社員しかいない会社は、退職率が高いので ブラックな可能性が高くなります。

関連記事

客先常駐SESの闇事例

創業者が営業出身

一概に言えませんが、創業者が営業出身の場合はブラックになる可能性があります。

SESはノウハウを盗みやすく、業態柄人を派遣すれば、売り上げが上がるので独立も盛んです。

創業者が営業出身の場合は

・経歴を偽装して、客先に派遣させる

・残業させる(残業させると売り上げが上がる為)

・コールセンターや家電量販店に派遣する

など強引に客先に派遣しようとさせる傾向があります。

関連記事

SES・客先常駐派遣会社の見分け方|現役エンジニアが解説

SESと派遣の違い|元SESエンジニアが解説

以上になります。

上記で解説したとおり、SESの会社が全てブラックということではありませんが、強引に人を採用し、客先に派遣させるSES会社もあるので、転職活動の際は、特に注意してください。

結局は自分の実力を上げるしか、防衛策はありません。

未経験からエンジニアへ転職した人間が考える今からエンジニアに就職する方法

関連記事

SESからの転職先をSES経験者が解説

SESが辛いなら転職すればいい

あなたにお勧めの記事
前の記事
次の記事