Header
2020-09-16
2020-10-11

客先常駐SESで働くメリット・デメリット

2020 09 16 2271042 s min

この記事では、

「SESへの転職・就職を検討している」

という方に元SESエンジニアがSESで働くことのメリット、デメリットを記載します。


執筆者プロフィール

法人営業8年→エンジニア(約2年半)→個人事業主のエンジニア(約10ヶ月)→法人化した人 元SESの現役エンジニア


SESで働くメリット

・ 採用門戸が広い

・ 大規模開発を体験できる

・ 定期的に現場が変わる

採用門戸が広い

SESは人を派遣すれば、売り上げが上がる構造なので、採用門戸が非常に広く、自社開発の会社よりは、転職のハードルは低いです。

また、会社によっては、研修が手厚く基礎を学べる会社もあります。

注意点として、SESへ転職・就職したからと言って、エンジニアとして活躍できるわけではなく、現場に入っても自身で土日も含めて勉強する必要があります。

大規模開発を体験できる

SESの開発形態は大体が、ウォーターフロー開発ですので スケジュールや開発方式がかっちり決められています。

批判する方もいますが、ウォーターフロー開発の進行方法やスケジュールの調整、その中でプログラムを書いたり、テストする と行った経験は後々のエンジニア人生でもかなり重要になります。

自社サービスを運営している企業でも、サービスが巨大になってくると既存のサービス領域に影響が出ないよう、徐々にウォーターフロー開発と似たような開発になってきます。

その際SESで大規模開発を体験していれば、その経験を活かせることができます。

定期的に現場が変わる

半年や年単位で、開発現場が変わるので、様々な方と交流し、 様々な開発を経験する事をできます。

これは人によりいい悪いはありますが、

SESで働くデメリット

・自分でキャリアをコントロールできない

・スキルが身につかない場合がある

・加齢と共に現場が決まりにくくなる

自分でキャリアをコントロールできない

SES会社は社員を客先に派遣して売上が上がります。

その為、SES営業は自分が希望するプロジェクトより、入れそうなプロジェクトを優先する為、自分で一貫したスキルを養えない可能性があります。

また、自社は良くても、いざ客先に常駐すると聞いていた話と違うという事もあります。

自分のキャリアに関する変数が、自社だけでなく他社も関わってくるので、自分で自分のキャリアをコントロールし辛い部分があります。

スキルが身につかない場合がある

一部のSESは未経験者を大量に採用し、

・ネットワーク監視

・大規模開発のテスター

の現場へ派遣する事があります。

実際こう言った業務を1年経験し、プログラムを組む仕事へ派遣される事もありますが、

悪質な会社は、ネットワーク監視のみ・テスターのみの業務しか受注していない場合もあります。

その場合は、いくら勤めても対外的にプラスになるスキルは身に付きません。

加齢と共に現場が決まりにくくなる

ただ、プログラムを組む製造工程を経験するだけだと、

30代前半から現場が決まりにくくなります。

SESの売上形態として、設計などの上流工程を経験していないと 加齢と共に案件が決まりにくくなりますので、特に注意です。

SESへ転職するなら

上記メリット・デメリットを加味して、SESへ転職したい方は 転職エージェントを利用する事をお勧めします。

転職エージェントを利用すれば、

書面での内定をもらえる

給与交渉をしてくれる

など最低限の部分を担保できます。

ご自身でSESの企業へ直接応募するのもいいですが、

・口頭内定を受けた後の内定取り消し

・正社員だと思っていたが、契約社員だった

など待遇面の齟齬をなくせる為です。

未経験でもSESを紹介してくれる転職エージェント
  • 1:ワークポート
  • 2:レバテックキャリア
  • 3:マイナビ

順に解説します。

ワークポート

IT業界・IT職種専門の転職エージェントのワークポート

workport

私は営業時代もエンジニア転職時代もお世話になった。

業界特化なので、話のレスポンスも早いし、知識も豊富 面接練習とかも周りのエンジニアでも割と評判が高かった 高齢のエンジニアでも ワークポートで転職してるので、 貴方の年齢に関わらず相談に乗ってくれる。

また、未経験からのSES紹介も豊富に存在する

ワークポートに相談する

レバテックキャリア

割とここ最近で急成長している会社のがレバテックキャリア

levtech

あまり出ないスタートアップの求人とかも合ったりする 掘り出し案件があると思う。こちらも未経験でも案件紹介をしてくれる。

レバテックキャリアに相談する

マイナビ

levtech

まぁ、 マイナビはIT系のエージェントなら1番大手かな

何より他の企業より企業の情報量が多い

その為スタートアップではないが、創業が長くて隠れた中小企業の求人も出てくる場合もある。 こちらも、未経験からエンジニアを目指す方にSESを紹介してくれる

マイナビに相談する

以上になります。

SESの面談で聞かれる事と注意点

SIerとは|現役エンジニアが解説

SierとSESの違い

SESとは?|元客先常駐SESエンジニアが解説

エンジニアへおすすめの転職エージェント|50人の成功例

技術力がないSEやITエンジニアの転職先

SESやめとけ?やめとけの理由や危ないSES会社を解説

プリセールス・セールスエンジニアとは

SESから社内SEへ転職する|元SESエンジニアが解説

SESから自社開発の会社に転職する方法

SESからの転職先をSES経験者が解説

あなたにお勧めの記事
前の記事
次の記事