Header
2020-09-24
2020-10-15

SES契約とは?|元SESエンジニアが解説

2020 09 24 1049348 s min

SESへの転職を検討している

SES業界に興味がある

という方へSES契約とは何かを元SESエンジニアが解説します。


執筆者プロフィール

法人営業8年→エンジニア(約2年半)→個人事業主のエンジニア(約10ヶ月)→法人化した人 現役のシステムエンジニア 5次受けSESも経験


SESとは

SES(システムエンジニアリングサービス)と言われ、

・大規模開発を行っている、システムインテグレーター(通称SIer)

・受託開発や自社サービスを運営している企業

へ自社のエンジニアを派遣する、派遣会社の事を指します。

厳密に言うと、派遣免許を取得していないSES企業が多数存在しますが

業態は実質派遣会社です。

関連記事

SESと派遣の違い|元SESエンジニアが解説

SES契約という物は存在しない

契約上SES契約というものは存在しません。

個人的に、人材派遣の免許を取得していないのに、人を派遣するというグレーなビジネスの名称をボカす為に

SES契約という言葉が生まれたと考えています。

では、通年的にSES契約と呼ばれるものは何かという話ですが、 基本的には以下2つの契約形態です。

一般的に言われるSES契約とは

一般的に言われるSES契約は以下2つを指しています。

1:準委任契約

2:派遣契約

1:準委任契約

準委任契約は労働力を提供する契約です。

大体は月○時間労働力を提供し、月○万円報酬を受領します。 というような契約形態です。

:準委任契約のメリットは

・成果物の完成責任がないので、仮に作成したバグが発生しても  損害賠償責任が発生しない(善管注意義務はあり)

・安定的に毎月売り上げが発生する

といった形で、エンジニアの他には、経営コンサルや税理士など、スキルを提供する職種で行われる契約形態です。

ただ、

・顧客が指定している場所へ常駐を強制

・作業場所を指定する

・残業や休日対応を依頼・強制する事

は違法なので、この点がSESで準委任契約を締結する際に議論が発生する点になっています。

準委任契約は多重派遣を禁止されていません。

例えば、

A社→B社→C社→D社

A社の開発プロジェクトで、D社の社員がSESで活動する際

B社とC社がマージンを中抜きする事が状態化しています。

これがSESの多重下請け構造を発生させる要因にもなっています。

もちろんまともなSES会社も存在します。

客先常駐SESで働くメリット・デメリット

2:派遣契約

一般派遣契約と呼ばれて、客先へ派遣社員として常駐する形態です。

派遣契約を行うと、法的にも派遣元の指示する場所で作業させる事もできますし、派遣元が残業指示を行う事も可能です。

しかし派遣免許は資本金が2000万以上必要なのと、多重派遣が禁止されているので、多くのSES企業は派遣免許を取得していません。

また、働く側からすれば、正社員ではなく派遣社員となるので、 待遇面は変わりないですが、社会的な体面から派遣として勤務する事を嫌がる方もいますので、準委任派遣の企業を希望する社員も多いのが現状です。

大手SES企業一覧

SESへ転職するなら

上記を加味して、SESへ転職したい方は以下転職エージェントを利用する事がお勧めです。

エージェントを利用すれば、内定通知書は出ますし、 ある程度お金のあるSES企業へ転職できますので、ヤバイSESへ転職するリスクは減らせます。

SES転職に強い転職エージェント
  • 1:マイナビ
  • 2:レバテックキャリア
  • 3:ワークポート

順に解説します。

マイナビ

levtech

まぁ、 マイナビはIT系のエージェントなら1番大手かな

何より他の企業より企業の情報量が多い

その為スタートアップではないが、創業が長くて隠れた中小企業の求人も出てくる場合もある。 こちらも、未経験からエンジニアを目指す方にSESを紹介してくれる

マイナビに無料相談する

レバテックキャリア

割とここ最近で急成長している会社のがレバテックキャリア

levtech

あまり出ないスタートアップの求人とかも合ったりする 掘り出し案件があると思う。こちらも未経験でも案件紹介をしてくれる。

レバテックキャリアに無料相談する

ワークポート

IT業界・IT職種専門の転職エージェントのワークポート

workport

私は営業時代もエンジニア転職時代もお世話になった。

業界特化なので、話のレスポンスも早いし、知識も豊富 面接練習とかも周りのエンジニアでも割と評判が高かった 高齢のエンジニアでも ワークポートで転職してるので、 貴方の年齢に関わらず相談に乗ってくれる。

また、未経験からのSES紹介も豊富に存在する

ワークポートに無料相談する

以上になります。

関連記事

SIerとは|現役エンジニアが解説

SierとSESの違い

SESとは?|元客先常駐SESエンジニアが解説

エンジニアへおすすめの転職エージェント|50人の成功例

技術力がないSEやITエンジニアの転職先

SESやめとけ?やめとけの理由や危ないSES会社を解説

プリセールス・セールスエンジニアとは

SESから社内SEへ転職する|元SESエンジニアが解説

SESからの転職先をSES経験者が解説

あなたにお勧めの記事
前の記事
次の記事