Header
2020-09-28
2020-10-20

IT営業はいらないのか?|元IT営業が解説

2020 09 28 2798347 s min

IT営業は不要やいらない と言われていますが、

IT営業は必要ですし、なくならない

と言う事を元IT営業が解説します。


執筆者プロフィール

法人営業8年→エンジニア(約2年半)→個人事業主のエンジニア(約10ヶ月)→法人化した人


IT営業はいらないのか?

AI化やSaaS提供などにより、

・営業が不要になる

・営業が消滅する

などで、IT営業はいらなくなる と言われていますが

IT営業は消滅することはありません、

以下から詳細を解説します。

IT営業が必要な理由

きつくて激務になるIT系企業の特徴は以下になります。

1:顧客が必要な事はAIでは判断できない

2: 導入者の責任回避の為

3:商品・サービスは導入して終わりではない

顧客が必要な事はAIでは判断できない

貴方が法人営業を経験していれば、

・顧客がやりたい事と求めている事に解離がある

という場面を経験した事があると思います。

そこから、本当に必要な提案を行っても

言い方を間違うと、顧客はこちらの提案に賛成しませんし、 頑なな状況になった時には、その状態を必死で解きほぐす必要があります。

これは営業マンしかできません

AIは過去の情報から予測し、回答を出すシステムなので、

顧客の情緒的な感情や隠れたニーズの掘り起こしはできません。

結局人と人とのやりとりなので、感情が発生すると人が対応する方が効率が良いので、この事からIT営業は無くならないと考えています。

導入者の責任回避の為

導入したサービスや商品が意図した内容でなければ、クレームが発生します。

この時、担当者が商談もせずにネットの口コミだけで、導入を決定した場合には

導入者が責められます

一方営業と商談し、導入後意図しない内容の場合は

営業の提案に乗ったが、ダメだった

と言い訳がつきます。

これは、マイナスな理由ですが、ご自身で考えてみて下さい。

自身が会社の予算から、何百万も捻出し、 社内調整も行ったのに、ミスが発生した場合に 社内から突き上げを食います。

その際に、ネットの情報やAIの情報だけで導入を決めた と言った場合に、社内から非難轟々です。

そう言った事情から、結局IT営業が求められます。

商品・サービスは導入して終わりではない

BtoBのサービスは導入して終わりではありません。

そこからアップセルの提案や、顧客の仕様や要望を確認する担当営業が必要です。

使用確認や要望確認をサポートやセールスエンジニアが対応し、営業が対応しないといったことも可能ですが、

BtoBは会社対会社のやりとりなので、商品提案から対応した営業が窓口になります。

結局その方が都合がよく、仮に提案後に営業が離れても、顧客から直接営業へ連絡がきますし、大体顧客からの直接連絡は

調整か、クレームなので、そう言った対応は営業しか行えません。

IT営業の転職でおすすめの転職エージェント

IT営業の転職でおすすめの転職エージェントは以下になります。

1:ワークポート

2:doda

3:第二新卒エージェントneo

ワークポート

workport

ワークポートをお勧めするのは、

・コンシェルジュのような1人1人に沿った提案

・全国エリアに対応

・IT系に特化

という点です。

個人的にはワークポートは私がエンジニア転職や営業時代お世話になりました。

私の仲の良いエンジニアや営業もワークポートで転職しています。

ワークポートに相談する

doda

doda

私は営業時代の初めての転職でdodaを利用しました。

エージェントの方が、かなり業界に詳しかったので、IT系の営業転職については、dodaがお勧めです。

dodaへご相談を。

dodaに相談する

第二新卒エージェントneo

daini-agent

第二新卒エージェントneo をお勧めするのは、

・ブラック企業を除外、優良企業のみの紹介

・スタッフが全員第二新卒

・履歴書の添削や職務経歴書の作成も行ってくれる

第二新卒限定なので、該当する方は利用した方がいい

第二新卒エージェントneo

以上になります。

関連記事

エンジニアから営業へ転職する

IT営業の求人紹介|株式会社イーリバースドットコム

IT営業の求人紹介|SaaS営業のラクス

SaaS営業の求人紹介|Sansan株式会社

IT営業の求人紹介|SaaS営業のイタンジ

SES営業を辞めてSaaS営業へ転職した方のインタビュー

SESとは?|元客先常駐SESエンジニアが解説

客先常駐SESから脱出する方法|元SESエンジニアが解説

SES営業を辞めてキャリアカウンセラーに転職された事例

SES営業の転職先|元法人営業でSESエンジニアが解説

SES営業を早めに辞めないと抜けれない|元法人営業で現役エンジニアが解説

飛び込み営業が怖い|転職先はあるのか?

あなたにお勧めの記事
前の記事
次の記事