Header
2020-10-13
2020-10-13

社内SEの将来性を考える

2020 10 13 2920314 s min

この記事では

「社内SEへ転職を検討しているが、将来性が知りたい」

「社内SEに興味がある」

「社内SEへ転職を検討している」

という方へ社内SEの将来性を解説します。


執筆者プロフィール

法人営業8年→エンジニア(約2年半)→個人事業主のエンジニア(約10ヶ月)→法人化した人 現役IYエンジニア


社内SEの将来は明るい

コロナによる、リモートワーク環境の整備が進んだのと、リモートワークが常態化した事によって、必然的に社内SEのニーズが高まりました。

元々社内SEを雇用している企業は、中堅以上の大手企業が多く、こう言った企業は今後もフルリモートワークや週数日のリモートワークが常態化していく為、それに伴い、社内SEは今後も必要性が求められる職種となりました。

以下からなぜ、社内SEの将来は明るいのかを解説します。

社内SEについての転職を相談したいなら、以下に社内SE転職でお勧めの転職エージェントを記載しています

記事内ジャンプ:社内SEへ転職するなら

リモートワークが常態化する為

前述したとおり、コロナの影響でリモートワークが常態化し、 必然的に、その環境を整備したり、構築・改修する人員が必要になってきました。

また、リモートワークはインターネット環境以外にも

・社員PCの利用ソフトの選定やインストール管理

・インターネットセキュリティのポリシー策定

・インターネットセキュリティに関する環境整備

など、ただ環境を整備するだけでなく、セキュリティから個々の社員PCの管理なども発生する為、ある程度の人員も必要になってきます。

その為、今までより企業に必要な人員が増加しています

自社内で人員を抱える必要が高い為

社内SEを派遣する企業もありますが、大手企業ほど内製にする傾向になっています。

社内SEが必要な作業量と保守・改修を行う作業範囲が増加した為、作業人員を外注して、社内SEの頭数を増やして対応するより、社内の人間が幅広く作業をカバーした方が結果的にコストが安くなる為です。

外注は適切に考えて、作業を割り振る人間が必要なので、それを整備するなら、内製にした方が時間もかかりませんしね。

専門性が認識されてきている為

リモートワークの増加と状態化に伴い、社内SEの専門性も認知されてきました。

社内SEはエンジニアとして

・適切なコミュニケーションを行う

・利害関係の交渉と調整

・幅広いIT知識

・ベンダーの理解

などが必要で、通常のエンジニアとも違う知識が必要です

その為、今後社内SEも流動性が活発化し、1度社内SEのキャリアを歩めば転職もしやすくなるでしょう。

社内SEへ転職するなら

社内SEは人気職なので、求人数が少なく社内SEへ転職したいなら、転職エージェントを利用する事をお勧めします。

以下は、社内SEへの転職に強いエージェントは以下になります。

ランキング 転職エージェント 概要
1位 マイナビ 総合転職サイトなので、必ず登録した方がいい
2位 レバテックキャリア 福岡や関西も対応でき、エンジニア界隈ではかなり有名な転職エージェント
3位 社内SE転職 非客先常駐専門媒体なので、社内SEの求人も豊富 ただ、勤務地が関東か関西限定なので、他サイトと併用する事をおすすめする。

マイナビ

mynavi

マイナビをお勧めするのは、

・地方でも相談に乗ってくれる

・求人情報量が多い

・スタートアップから上場企業まで企業規模も問わない

・元エンジニアのキャリアカウンセラーも存在する

為です。

やはり大企業のネームバリューはかなり強く、総合的に対応できるのはかなりの強みです

実際多数の現役エンジニアが、マイナビで転職されています。

ただ、キャリアカウンセラーの当たり外れがあるという声も聞きますので、他の転職エージェントに並行して登録する事もオススメします。

マイナビに無料相談する

レバテックキャリア

levtech

レバテックキャリアをお勧めする理由は

・関東、関西、福岡に対応

・若手〜30歳までに強い

・圧倒的な知名度

点になります。

レバテックキャリアは運営会社のレバレジーズになり、 電車広告やWeb広告などで見かける事があるかと思います

レバテックキャリアは大阪や福岡でのエンジニア転職も対応できているので、主要地域での転職支援も可能ですし、

圧倒的な知名度と強い営業力があり、掘り出し求人が存在します。

レバテックキャリアに無料相談する

社内SE転職ナビ

levtech

社内SE転職ナビをお勧めするのは、

・非客先常駐の求人に特化

・キャリアカウンセラーの対応が細かい

・20〜40代まで対応可能

からです。ただ、関東・関西勤務者向けなのと、非客先常駐の求人専門媒体であるため提案求人数は絞られるので他媒体との併用をお勧めします。

社内SE転職ナビに無料相談する

関連記事

社内SEはプログラミングができない?

社内SEへの転職成功事例

社内SEは楽?大変?|現役エンジニアが解説

社内SEの転職でおすすめの転職エージェント

客先常駐SEから社内SEに転職する方法|現役エンジニアが解説

社内SEのメリット・デメリット

社内SEとは?やりがいや転職方法

東京の社内SE求人紹介-株式会社ユーザベース

東京の社内SE(インフラ)求人紹介-株式会社アバント

東京の社内SE求人紹介-東京新宿法律事務所|現役エンジニアが解説

大阪の社内SE求人紹介-Sky株式会社|現役エンジニアが解説

社内SEになるには|現役エンジニアが解説

あなたにお勧めの記事
前の記事
次の記事