Header
2020-10-14
2020-10-21

SESで請負契約?貴方の契約は大丈夫?

2020 10 15 4029870 s min

この記事では

「SESなのに請負契約と言わている」

「請負契約を求められている」

という方へ請負契約とSES契約の詳細を解説します。


執筆者プロフィール

法人営業8年→エンジニア(約2年半)→個人事業主のエンジニア(約10ヶ月)→法人化した人 現役のシステムエンジニア 5次受けSESも経験


請負契約とは何か?

請負契約とは、完成責任を問われる契約形態で、

顧客が希望したシステムを、希望した期限に納品します という契約になります。

納品物の完成責任があるという事は、システムの納品後に瑕疵があると訴えられる事があり、リスクは高いです。

通常は、個人でこの契約を行う事はあまりなく、フリーランスでも知人の紹介や人脈経由でないとこの契約は行いません。

ちなみに私は知人経由でも請負契約はやりません。

損害賠償されると、その裁判対応で時間を取られ、他の仕事ができなくなるからです。

しかし、そのリスクが加味され1案件の売上高は非常に高額になりますので、SIerや受託開発の企業がこの請負契約を行います。

その為、人員を派遣して客先で開発するような、SES開発では請負契約を結びません。

貴方は自身の契約を理解していますか?

SESなのに請負契約で、客先にいる場合は、かなり危険です

そもそもSES契約とは何か?

SES契約は主に準委任契約と呼ばれ、労働力を提供する契約です。

その為、システムの完成責任や瑕疵担保責任は問われません。

あくまでシステムを開発する能力を提供しているので。

SES契約は通常準委任契約で請負契約を結んでいないので、貴方がシステムの完成責任を問われている場合は、無視しても問題ないです。

・客先で納品責任を問われている

・納品しないと家に返さない

・完成しないとお金を払わない

などと言ってくる顧客もいますが、脅しです。

無視するか、中小企業庁へ相談してみてください

上記から自身の契約を知らない場合はしっかり確認してください

また、SES契約とは?|元SESエンジニアが解説も合わせてご覧ください。

以上になります。

関連記事

SESの面談で聞かれる事と注意点

客先常駐SESで働くメリット・デメリット

SIerとは|現役エンジニアが解説

エンジニアの3つの転職方法|現役エンジニアが解説

SierとSESの違い

SESを辞めたい|考えるべき事を元SESエンジニアが解説

SESとは?|元客先常駐SESエンジニアが解説

エンジニアへおすすめの転職エージェント|50人の成功例

技術力がないSEやITエンジニアの転職先

SESやめとけ?やめとけの理由や危ないSES会社を解説

プリセールス・セールスエンジニアとは

SESから社内SEへ転職する|元SESエンジニアが解説

SESから自社開発の会社に転職する方法

SESからの転職先をSES経験者が解説

客先常駐SESから脱出する方法

あなたにお勧めの記事
前の記事
次の記事