Header
2020-10-19
2020-10-21

大手SIerの企業一覧

2020 10 19 2105219 s min

大手SIerへの転職・就職を検討されている方へ

大手SIer企業一覧と、大手SES企業へ勤務する事のメリット・デメリットで記載します。


執筆者プロフィール

法人営業8年→人脈なし・非大卒・未経験からエンジニア(約2年半)→個人事業主のエンジニア(約10ヶ月)→法人化した人 会社員時代は5次受けSESを経験


大手SIer企業一覧

パッと思いつく、大手SIer企業は以下です。

大手SIer企業一覧
  • ・NTTデータ
  • ・富士通
  • ・NEC
  • ・三菱電機インフォメーションシステムズ
  • ・日鉄ソリューションズ
  • ・ネットワンシステムズ
  • ・CTC
  • ・DTS
  • ・NSD
  • ・三井情報
  • ・丸紅情報システムズ
  • ・日本ユニシス
  • ・IBM
  • ・アクセンチュア
  • ・HP
  • ・日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ

その他大手銀行系の関連会社としてのSIerや物流系の子会社としての、SIerなどもあります。

なお、こう言ったSIerへ入社できるのは、基本的に第二新卒までで、学歴が良い方です。

その為誰でも入社できるような業態ではありません。

大手SIerへ転職できる人を現役エンジニアが解説

大手SIerで働くメリット

・会社の看板を利用し、大きな仕事に関われる

・各種社員教育が整備されている

・会社が安定している

・給料が高い。

などです。

特に会社の看板を利用し大きな仕事に関われるのは、かなりのメリットで、SIerで培ったプロジェクトの進行方向や予算管理設計などは、自社サービスを持っている企業でもかなり役立てる事ができます。

実際、成長したサービスなどはSIer的な開発方式になります。

大手SIerで働くデメリット

・コードは書かない(コードを書くのは下請けの仕事)

・年功序列なので、仕事しないおじさんがいる

・出世できない場合は、50歳から子会社に転籍させられる

などです。

古い企業であればあるほど、上記の毛色が強くなります。

やはり、特定の役職まで出世できない場合は、50歳で半分首切りになります。

また、出世するには社内の派閥や学閥が関係しますので、貴方の力でどうする事もできない変数が多数発生します。

大手SIerへ就職・転職するなら

大手SIerは採用予算が潤沢なので、採用を転職エージェントに外注しています。

その為、大手SIerへ就職・転職する場合は、転職エージェントを利用するのが1番でしょう。

大手SIerへ就職・転職に強い転職エージェント
  • 1:マイナビ
  • 2:レバテックキャリア
  • 3:ワークポート

順に解説します。

マイナビ

levtech

まぁ、 マイナビはIT系のエージェントなら1番大手かな

何より他の企業より企業の情報量が多い

マイナビに無料相談する

レバテックキャリア

割とここ最近で急成長している会社のがレバテックキャリア

levtech

あまり出ないスタートアップの求人とかも合ったりする 掘り出し案件があると思う。

レバテックキャリアに無料相談する

ワークポート

IT業界・IT職種専門の転職エージェントのワークポート

workport

私は営業時代もエンジニア転職時代もお世話になった。

業界特化なので、話のレスポンスも早いし、知識も豊富 面接練習とかも周りのエンジニアでも割と評判が高かった 高齢のエンジニアでも ワークポートで転職してるので、 貴方の年齢に関わらず相談に乗ってくれる。

ワークポートに無料相談する

以上になります。

関連記事

SIerエンジニアの転職先

SIerエンジニアがWeb系へ転職する際の注意点

SierとSESの違い

SIerとWeb系エンジニアの働き方の違い

SESから自社開発の会社に転職する方法

SIerから転職する際におすすめの転職エージェント

技術力がないSEやITエンジニアの転職先

SESで請負契約?貴方の契約は大丈夫?

エンジニアへおすすめの転職エージェント|50人の成功例

プリセールス・セールスエンジニアとは

あなたにお勧めの記事
前の記事
次の記事