2 flat logo on transparent 256
2018-03-05

Gitの基本コマンドと覚えておくと効率が上がるコマンド一覧

Pcman1

チームで開発する際に必ず必要になるgit ローカルのリポジトリとリモートのリポジトリとやり取りなどで 差分確認してpushするといった事が必要になります。

また、個人のWebアプリケーション開発ではデプロイする際などは必ずgitを利用します。 今回はGitの基本コマンドと覚えておくと効率が上がるコマンドを紹介します。

基本コマンド

変更状態の閲覧

git addする前にどんなファイルがadd対象が閲覧できるので 必ず確認することをオススメします。

git status 

変更が発生した全てのファイルをインデックスに追加

git add -A
git add .

addした内容をコミットする

後から閲覧して分かりやすいようにメッセージの内容は 必ず記載する事をオススメします。

git commit -m "コミット内容を記載する"

masterのリモートリポジトリへpushする

git push origin master

gitのブランチを切り替える

git checkout [切り替えるブランチ名]

リポジトリをmargeする

git merge [ブランチ名] 

効率が上がるコマンド

commitしたメッセージを修整する

 git commit --amend -m "修正後の内容を記載"

git addしたファイルの取り消し

#全てのaddしたファイルを取り消し
git reset HEAD
git reset

#ファイルを指定して変更を取り消す
git checkout HEAD -- test_file.txt

#ファイルを指定して変更を取り消す
# git logでコミットのIDを取得
git log

# ロールバックしたいコミットIDを取得
git reset --hard [コミットID]

変更前と変更後の差分を確認する

git statusで変更点を確認した後 、diffで変更されるコード部分を確認する事をオススメします。

git diff
git checkout HEAD hoge.html

コミットログの閲覧

git log

ローカルブランチ一覧

git branch 

ローカルブランチを削除する

複数人で開発をしていると、気づかない内にローカルブランチが 増加し、新しいブランチを生成すると名前が衝突し生成エラーになります。その為定期的にローカルブランチを削除する必要があります

HEAD にマージした、ブランチを削除する

git branch --delete local_branch

マージしたかどうか関係なく削除する

git branch -D local_branch

リモートリポジトリ一覧

git branch --remote

ブランチ名の変更

git branch -m <古いブランチ名> <新しいブランチ名>

その他関連記事

プログラミングした内容をgit pushしたらrejectされた時の対応方法

サイトへ簡単にアイコンを無料設定できる|Font Awesomeの使い方|サンプルコード付き

無料ヒートマップ作成ツールUser Heat(ユーザーハート)の登録・利用方法

前の記事
次の記事