2 flat logo on transparent 256
2017-12-31

【初心者・独学者向け】Ruby On Railsでrake db:seedで初期データを投入する

7981

作成したWebアプリケーションをHerokuやAWSに公開する際 初期データを1から登録するのは面倒です。

Ruby On Railsには初期データを登録できるSeed機能が設定されているため、この機能を活用すれば一括で初期データを登録でき非常に便利です。

個別でデータを登録する| Ruby On Railsでseedsでデータを登録する①

seed.rb

User.create(:email => '[email protected]', :password => '123')

個別で登録する場合はModel.createした後に カラム名 個別データの順で登録できる。

一括でデータを登録する| Ruby On Railsでseedsでデータを登録する②

seed.rb

5.times do |i|
     User.create(name: "テストユーザー #{i}")
end

上記の場合はUserModelへ5つデータが登録されます。

最後はrake db:seedすれば生成されます

その他関連記事

【初心者・独学者向け】Ruby On Railsで中間テーブルを作成し、多対多を実現する

Ruby On Rails でデータを取得するメソッド一覧

【初心者・独学者向け】Ruby On RailsでテーブルやModelを削除する際のコマンド

前の記事
次の記事