2 flat logo on transparent 256
2018-04-27

初心者・独学者向け|RubyのStringクラスとよく使うメソッド

Notewere1213

プログラミング言語を問わず、プログラミングを勉強し始めには必ず文字列を表示する方法を勉強するかと思います。 今回は初心者・独学者向けの入門コンテンツとして Stringクラスでよく利用されるメソッドの解説を行います。

なお本内容はRubyの資格試験Silverでも出題される内容です。

同じ文字列かを調べる == と同じオブジェクトか調べるequal?

同じ文字列かを調べるのは == を利用します。

irb(main):004:0> a = "test"
=> "test"
irb(main):005:0> b = "test"
=> "test"
irb(main):006:0> puts a == b
=>true

同じオブジェクトかを調べるのはequal?を利用します。

irb(main):010:0> a = "テスト"
=> "テスト"
irb(main):011:0> b = "テスト"
=> "テスト"
irb(main):012:0>puts a.equal?(b)
false

aとbは同じオブジェクトではないので、文字列が同じでもfalseになります。

chompメソッドで文字列の末尾の改行を取り除き、新しい文字列を返す

irb(main):014:0> nginx   = "nginx\n"
=> "nginx\n"
irb(main):015:0> p nginx.chomp
"nginx"

※改行文字は"\n"、"\r\n"、"\r"の内どれでも削除されます。

chopメソッドで文字列の末尾の1文字を削除し、新しい文字列を返す

irb(main):017:0> test1 = "test1"
=> "test1"
irb(main):018:0> p test1.chop
"test"

downcaseメソッドで、文字列中の大文字を小文字に変更し、新しい文字列を返す

irb(main):020:0> test = "TEST TEST TEST "
=> "TEST TEST TEST "
irb(main):021:0> puts test.downcase
test test test

upcaseメソッドで、小文字を大文字に変更し、新しい文字列を返す

irb(main):022:0> testcase = "test_case"
=> "test_case"
irb(main):023:0> puts testcase.upcase
TEST_CASE

+メソッドで文字列を連結する

irb(main):025:0> add_string = "add"
=> "add"
irb(main):026:0> puts add_string + "_string"
add_string

concatでも同じ動作を行える

irb(main):034:0> add_string = "add"
=> "add"
irb(main):035:0> add_string.concat("_string")
=> "add_string"

insertメソッドで指定位置に文字列を追加する

文字列の一番始めの位置は0になります。

irb(main):045:0> test_string = "add,string"
=> "add,string"
irb(main):046:0> test_string.insert(0, "ruby_ ")
=> "ruby_ add,string"

以上になります。 その他Rubyの初心者・独学者向けのコンテンツとして下記も解説しているので、合わせてご参照ください。

初心者・独学者向け|Rubyのハッシュ入門とよく使うメソッド

初心者・独学者向け|Rubyの配列処理の入門とよく使うメソッド

初心者・独学者向け|Rubyのinitializeメソッドとは

前の記事
次の記事